ロッテ大嶺翔 借金まみれ引退 球団にも取り立てが…

 

ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)からの任意引退の申し入れを受理したと発表した。

 

2年半前から複数の金融機関と借り入れのトラブルがあり、球団にも取り立ての連絡があったという。

再三注意を受けたが、解決できず、本人が責任を取る決意を固めた。

 

大嶺翔は球団を通じ

「金銭トラブルで多くの方にご迷惑をおかけしました。期待をかけていただいた井口監督、注意と指導をしてくださった球団の皆様の思いを裏切る形となり申し訳ありません」

とコメントした。

 

契約金含む総年俸は1億40万円(推定)。

球団は借入額や使い道などを明らかにしていないが、違法性はないという。

 

大嶺翔は八重山商工から09年ドラフト3位で入団。

兄・祐太(30)と同じ球団に所属する兄弟プロ野球選手として話題になった。

 

今後は未定だが「新しい環境で一から出直したい」と話している。

 

井口監督は

「ポテンシャルが高い選手で、とても期待をしていただけに非常に残念。新たな人生で一からやり直すつもりで、社会人としての自覚と責任を持って頑張ってほしい」

と語った。

 

▼ロッテ・林信平球団本部長

 

改善するように複数回指導してきたが、こうなってしまった以上は指導不足。より一層教育を強化したい。

▼兄・祐太

 

シーズン途中、いろいろな方に迷惑を掛けて引退することを申し訳なく感じます。人のためになれるよう日々を過ごしてほしい。これからはチームメートではなく、兄として彼を見守りたい。

 

◆大嶺 翔太(おおみね・しょうた)

 

1991年(平3)9月17日生まれ、沖縄県出身の26歳。八重山商工から09年ドラフト3位でロッテに入団。14年のファーム日本選手権でMVP。プロ通算成績は196試合で打率.210、7本塁打、35打点、2盗塁。今季年俸1000万円。1メートル80、82キロ。右投げ右打ち。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,