東大を出て、研究者に…新幹線殺傷事件で乗客を救った梅田さんの無念

 

60ヵ所も刺されながら、自らの命を犠牲に、刃物を振り回す男から乗客2人の命を救った梅田耕太郎さん(享年38)。

 

本日発売の週刊現代では、勇気ある行動をとった彼の半生が報じられている。

 

刺されても立ち向かった

「梅田君は、普段は大人しくて穏やかですが、困っている人を見ると、積極的に手を差し伸べてくれる人でした。今回の彼の行動も、考えるよりも先に身体が反応したのかもしれません」

 

東京大学大学院でともに学んだ友人は、そう語った。

 

6月9日夜、会社員・梅田耕太郎さんが、搬送された小田原市内の病院で亡くなった。

司法解剖の結果、死因は失血死。

身体には胸や肩をはじめ約60ヵ所の傷があった。

致命傷となった首には約18cmの切り傷があり、なたで切られたとみられている。

 

 

同日午後9時42分。東海道新幹線「のぞみ265号」は、ダイヤ通りに新横浜駅を出発した。

 

外資系の化学メーカーBASFジャパンに勤める梅田さんは、乗車すると最後列の通路側の席に腰を下ろした。

横浜で2日間の社内研修を終えて、兵庫県尼崎市の自宅への帰途についたところだ。

 

しかし、ひと息つく間もなく事件は起こる。

「逃げて逃げて!」

 

午後9時45分ごろ、車内に叫び声が響いた。

梅田さんの2列前に座っていた小島一朗容疑者(22歳)が、無言で立ちあがり、右側に座る女性をなたで切りつけたのだ。

 

 

突然の出来事に、車内は大パニック。

恐怖に震えた乗客は、猛ダッシュで隣の車両へと急いだ。

それを横目に、決死の行動で男に立ち向かったのが、梅田さんだった。

 

 

梅田さんは、加害者の背後から気づかれないように近づいた。

身長180cm弱の彼は、小島を後ろから抑えて動きを制止。

その隙に、女性は肩から血を流しながらも後方に逃げることができた。

 

 

その後、梅田さんは刃物を持った小島と激しくもみ合って転倒。

すると、小島は迷うことなく、通路を挟んで左隣に座る女性に襲いかかった。

倒れていた梅田さんは、すぐに立ち上がり、男の凶行から女性を守るべく、再び止めに入った。

 

 

もう一人の女性を後方へ避難させた梅田さんに、小島は刃物で容赦なく襲いかかった。

はじめは応戦していた梅田さんだったが、馬乗りになった小島に切りつけられていくうちに、途中で動かなくなってしまう。

 

午後10時ごろ、臨時停車した車両に警察官が駆け付けると、無表情の小島は抵抗する素振りも見せず、現行犯逮捕。

通路の床一面は血の海で、事件の惨状を物語っていた。

 

 

「彼らしいな」と

梅田さんは、神奈川県横浜市で育った。

近隣住民によると、彼は地元では知られた人物だという。

 

「耕ちゃんは子供の頃から賢いことで有名。しかも頭が良いだけではありません。社交的で、キチンと挨拶のできる明るい子だったんです」(近隣住民)

 

小学校時代の梅田さんをよく知る男性も同様の意見だった。

 

「見知らぬ女性を守って犠牲になった、と聞いて『耕太郎君らしいな』と感じました。彼は子供の頃から正義感を持ち合わせていましたから。たとえば、子供同士で仲間外れが起きると、『そういうのやめようよ』と注意できるタイプだったんです」

 

梅田さんは小学校を卒業すると、私立栄光学園に入学。

元首相の細川護熙氏や、東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司氏らを輩出した、神奈川県が誇る超名門中高一貫校だ。

 

「栄光学園の中でも、成績は優秀でした。しかも単なるガリ勉ではありません。スポーツも好きで、たしかバスケットボール部に入っていました。バンドも組んでいたと思います」(高校時代の同級生)

 

 

たまたまできることではない

高校を卒業すると、東京大学工学部へ進学。

勉強に励む一方で、テニスサークルの活動にも精力的に取り組んでいたという。

 

 

「経歴だけを見ればエリートそのもの。でも、頭が良いだけじゃないんです。それもご両親の教育のおかげでしょう。お父さんはマスコミで働いていた方。お母さんは専業主婦。どちらもしっかりした方です。お姉さんも東大出身なのですが、子供の自慢をすることもなければ、偉ぶることもない。

今回、乗客を助けたのも、たまたまできる行動ではありません。子供の頃からの教育あってのことだと思います。それだけに『なぜ、あんないい子が』という思いがあります。残念でなりません」(前出の近隣住民)

 

 

東京大学を卒業した梅田さんは、その後、東京大学大学院新領域創成科学研究科に進む。

修士課程を経て、博士課程の特別研究員となった。

 

当時の研究仲間が言う。

「特別研究員は、研究者としての将来を期待され、研究費をもらいながら学べる優秀な研究員のことです。梅田君はそれくらい優れた学生でした。『プラズマ核融合』の研究を進めていて、成果も挙げています」

 

 

本日発売の週刊現代では、梅田さんの家族や勤め先の同僚も、やりきれない思いを語っている。

 

命を賭して乗客を守った、梅田さんのご冥福を心よりお祈りしたい。

 

「いい人」の見本のような方でしたね・・・残念です。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,