手越の騒動 日テレのアナもいた?

 

メンバーの小山慶一郎と加藤シゲアキが「週刊文春」(文芸春秋)で未成年との飲酒を報じられ、それぞれ所属するジャニーズ事務所から処分を受けたNEWSだが、手越祐也も未成年女性と飲酒していたことを、発売中の同誌が報じている。

同誌によると、手越が未成年女性と同席していたのは昨年12月。

都内の繁華街にある会員制ダーツバーで行われたパーティーに、芸能プロに所属する17歳と19歳の女性が同席しており、パーティーの様子は動画に撮影されていたという。

 

その店は手越の中学時代からの友人で芸人の宇田川晃希が登記上の代表者となっている。

手越は夜な夜なその店に若い女性を連れ込んでいるそうで、今年4月には19歳の女性が同席。

その場には、手越の飲み友達である「NEWS ZERO」に出演している日本テレビのラルフ鈴木アナウンサーもいたというからシャレにならない。

 

ジャニーズは同誌に対し、

「現時点での調査において、ご指摘のような事実は確認されておりません」

と回答。

 

一方、日テレも

「ご指摘の事実は確認できませんでした」

としているが、ジャニーズ・日テレともにそう回答するしかなさそうだというのだ。

 

「14日にW杯が開幕するが、手越は同局の中継でメインキャスターを務め、中継のテーマ曲はNEWSの『BLUE』。もし、手越が認めたらキャスターを降ろさなければいけなくなってしまうだけに、少なくともジャニーズと手越は認めることはなさそう。しかし、文春はネット版で“証拠”の動画を公開。もはや言い逃れはできないはずだが…」(芸能記者)

小山は同局の「news every.」のキャスターを務めていたが、同誌の報道を受けて一定期間の活動自粛を発表。

そのため、同局内では手越の扱いについて頭を悩ませているというのだ。

 

「日テレ上層部は手越の記事を受けてパニック状態といいます。『また文春で何か出るんじゃないか』、『このままW杯の仕事をさせてもいいのか?』という話になっている。小山の処分は『文春』の発売日に発表されただけに、動きがあるとしたら14日ではないか」(テレビ関係者)

ジャニーズにベッタリだった日テレだが、NEWSのスキャンダル連発で絶大なダメージを受けそうだ。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, ,