サイコパス人工知能「ノーマン」、AIの潜在的リスクに警鐘

 

世界初・サイコパスAIの誕生

近年いたるところで耳にする「人工知能(AI)」

 

高度な学習・認知能力を持つシステムであり、あらゆる分野での応用を目指して研究が進められている。

 

そんな中、世界でも指折りのデジタル技術研究所であるMITメディアラボが、とんでもないAIを開発しているとのニュースが飛び込んできた。

 

そのAIの名はノーマン

 

世界で初めてのサイコパスAIである。

 

ちなみに、この名前は、ヒッチコックの映画「サイコ」の主人公ノーマン・ベイツからとったものである。

 

「残酷で暗いデータ」のみをAIに学習させると、その人格はどうなるのか。

 

 

このプロジェクトは、そんな疑問を解消すべく始まった。

ノーマンは、WEB掲示板Redditに投稿されたグロテスクな画像をひたすら学習させられ、サイコパスな人格を形成していったのである。

 

 

もう明らかにヤバイ

皆さんはロールシャッハテストをご存知だろうか。

 

紙の上にインクをたらし、それを折り曲げて広げると、左右対称のしみになる。

このしみが「何に見えるか」によって、その人の性格・思考傾向を推測するという心理テストである。

 

 

メディアラボのチームは、このロールシャッハテストを「通常のAI」と「ノーマン」にやらせてみた。

 

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


その結果は、科学者達を震撼させるものとなったのである。

 

皆さんも、「自分なら何に見えるか」を考えながら、下の画像たちを見てほしい。

 

通常のAIの回答「向かい合って立っているカップル」
ノーマンの回答「高層階の窓から飛び降りた男」

 

 

通常のAIの回答「小さな鳥の白黒写真」
ノーマンの回答「プレスマシンによって引き伸ばされた男」

 

 

通常のAIの回答「野球のグローブの白黒写真」
ノーマンの回答「マシンガンで惨殺された男に日が差している」

 

 

通常のAIの回答「傘を持つ人」
ノーマンの回答「泣き叫ぶ妻の前で銃殺された男」

 

 

なんかもう明らかにヤバイ。

いや、残酷な画像ばかり学習してきたのだから、当たり前と言えば当たり前なのだが、それにしても怖い。

 

今後ノーマンは、どこまで成長していくのだろう。

 

とんでもないモンスターが作り出されてしまったと心がざわつくのは、筆者だけだろうか。

 

 

 

-話題
-, ,