クールに呟く香川真司にファン絶賛 「トップ下は真司しかいない」

 

背番号10が久方ぶりに躍動した。
 

6月12日のパラグアイ戦で、日本代表は4-2の快勝。

ワールドカップ本番前最後のテストマッチで待望の勝ち星を挙げ、とりわけ攻撃面で見るべき点が多くあったのは収穫だろう。
2ゴールを挙げた乾貴士とともに、出色の出来を披露したのが香川真司だ。

 

4-2-3-1システムのトップ下で先発を飾ると、チームアタックの中軸を担い、攻撃にリズムを生み出す。

異彩を放ったのが後半だ。

乾の2得点をどちらもお膳立てすると、終了間際にはパラグアイに引導を渡すダメ押し弾をねじ込んだ。

1ゴール・2アシスト。結果としては文句なしで、定位置を争う本田圭佑を一歩リードした。

 

香川は試合直後に自身のツイッターを更新。浮かれることなく冷静に、先を見据えた。

ファンからは

「ナイスゴール! 次は本番で」

「乾選手とのコンビネーションはやはりいいね!」

「やっぱり日本のトップ下は真司しかいない」

など賛辞の書き込みが後を絶たない。
 

存在が希薄となりつつあった男が、1ゲームで評価を一変させた。

はたして6月19日のグループリーグ初戦、コロンビア戦でスタメンを飾るのか。

どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

 

 

俄然、期待が膨らむ。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,