片山晋呉に新たな悪評続々・・・

 

男子ゴルフの片山晋呉(45)が「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦(5月30日)で招待客に不適切な対応をして激怒させた問題は、日々波紋を広げているが、片山への同情論はあまり聞かれず、あちこちから新たな悪評が噴出する始末だ。

 

 

タレントの大桃美代子(53)は8日、自身のブログを更新。

10年ほど前にプロアマ大会で片山とラウンドしたことがあったという。

 

「みなさんとまわると言うより、ご自身が使っているクラブメーカーの方が付ききりでクラブチェックをしたり、修正点をメーカーさんと話していたり」

と招待客そっちのけの実態を暴露。

 

当時は「プロの勝利への執念なんだろう」と受け止めたが、他のタレントから

「宮里プロと一緒で、バンカーからの出し方とか教えてくれて優しかった」

と聞き、「うらやましいな~と思ったものでした」。

 

 

一方、野球解説者の金村義明氏(54)は同日放送のTOKYO MXテレビ『バラいろダンディ』で

 

「男子は(愛想がいいといわれる女子と)スポンサーとの距離が違う。プロアマに出たくない先鋒が片山だった。素晴らしい人間性のいい選手がいっぱいいるのに、こういうことになると女子ともっと差がつけられそう」

と名指しで批判した。

 

 

また、プロアマ戦に参加中の片山を目撃したことのあるツアー関係者も本紙の取材に、

「ハンドボール大の球体を両腕と胸で挟んだままスイングする練習器具があるじゃないですか? 片山プロはあれを挟んだままラウンドしていた。とても同伴の招待客をもてなしているようには見えませんでした」

と証言。

 

同情論が広がらないのも、人徳のなさというべきか。

 

あなたの賞金がどこから支出されているのか・・・

よ~く考えてみて。

 

 

当該招待客は「ぜひ片山プロと回りたい」と要望し、それに応じる形でペアリングが組まれたという。

ところが、数ホール回ったところで片山は「前の組が詰まって時間が空いた」として招待客から離れ、ウエッジの素振りを始めた。

 

すると当該招待客が

「ゲストの面倒をみるのがホストの役目だろ」

とすごいけんまくで叫びプレーを中止。

 

事務局に駆け込みクレームをつけたという。

 

1試合5億円前後の経費がかかるといわれる大会は、スポンサーなしには開催できない。

プロアマ戦はプロ側が感謝の意を表するもので、招待客にとっては人気プロから直接レッスンを受けることも可能な、たまらないイベント。

 

「試合との2本柱どころか、むしろ“本番”はプロアマ戦の方。プロアマ戦が終われば試合はやらなくてもいいくらい」(ツアー関係者)

という“本音”もある。

 

 

しかし男子では、かつての尾崎将司(71)などは無愛想で、同伴の招待客そっちのけ。

現在の一部トッププロもマネをして、人気はないのに態度だけ“ジャンボ級”が何人もいるのが現状だ。

 

もてなされるどころか、気分を悪くして帰る招待客も少なくない。

 

JGTOは一昨年、人気復興へ切り札ともいえる青木功(75)が会長に就任。

 

今季から選手会長となった石川とも意見が一致し、選手の意識改革として

「ファンサービスの充実」

「プロアマ大会での招待客への“おもてなし”」

の2点を掲げた。

 

 

実際、プロアマ戦では各プロに1日5万円が支給されており、

「決して余興ではなく、れっきとした仕事。徹底しておもてなしをするように」

と通達されているが、片山は“昔の感覚”が抜けていなかったのだろう。

 

恐らくこれは氷山の一角。

翌日からの本番に備え、グリーンの転がり具合をチェックし、アプローチの練習をするようなプロは他にもいる。

 

こういったウワサが広まり、

「それなら、かわいくて愛想のいい女の子とラウンドした方がいい。3日間大会の女子は、4日間大会の男子と比べると運営費も安くすむ」(ツアー関係者)

とスポンサーの新規参入大会は女子ばかり。

 

ちなみに、片山は自身のインスタグラムで、中日クラウンズが開催された4月25日に中日・松坂大輔投手(37)とのツーショット写真を掲載。

3日目(同28日)には、松坂のユニホームを着てティーグラウンドに現れた。初めて賞金王になった2000年には、当時巨人の清原和博氏(51)が応援にかけつけるなど、とにかく有名人好きで知られる。

 

 

一方で、過去に専属キャディーを務めた人物が

「あれが我慢できれば、何でも我慢できる」

と振り返るほど、立場の弱い人間に対しては横暴な態度を取るといわれ、取材に訪れる地方のテレビ局などにも評判が悪い。

 

 

また、海外での試合に愛人を同伴して週刊誌などをにぎわし、前夫人とは“泥沼離婚”に至るなど女性問題も多い。

 

 

5年ぶりに日本ツアーに復帰し最年少で選手会長になった石川が、アイデアを練り、率先してファンサービスなどに取り組んでいる矢先。

 

トッププロの片山が犯した失態は、関係者にとって頭が痛いどころではない。

 

 

そんな片山の普段のワガママぶりを「垣間見た」と話すのは、ある飲食店の客のひとり。

 

「もう4~5年前ぐらいですが、都内でも人気の日本料理店で彼は若い女性と二人で訪れ最初のうちは談笑していたのですが、急に持参したワインを取り出し『これ開けて』と言い出したんです。

もともと料理長やオーナーさんと知り合いだったようで、お店の方も苦笑しながら、ワインを開けましたが、そのうち提供される食材の食べ方に『俺だったら、これには違うタレを使う』とか『その肉、もっと大きくカットして』とかワガママを言い始め、次第に『ちょっとそれかして、俺にやらせて』と料理長の包丁を取り上げようとしたり……。

常連さんなのかもしれませんが、カウンター席で大きな声で電話をしたり、とにかく大人のマナーとは程遠い感じを受けました」

 

片山に対する処分は6月中に発表される予定だが、プロゴルファーであるならば、まずは自分の行いを省みることが先ではないか。

 

「片山はプロ転向から約23年、日本を代表するプレーヤーとして実績も申し分ないのですが、以前からプレーマナーやファンサービスの態度の悪さは問題視されていました。

プライベートでも、片山の女性問題でドロ沼離婚調停が長い間続くなど、何かとトラブルが少なくありません。それもこれも、小さい時から甘やかされて、チヤホヤされてきたからという背景もあるかもしれません」(スポーツライター)

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,