韓国人記者の不祥事に批判が殺到

 

2018年6月11日、環球時報は、韓国人記者がシンガポールの北朝鮮大使官邸敷地内に不法侵入して現地警察当局に逮捕されたことについて、韓国内から激しい批判の声が出ていると報じた。

 

シンガポール警察当局が8日にSNS上で発表した情報によると、現地時間7日午後3時50分ごろ、北朝鮮大使官邸から「不法侵入者」がいるとの通報を受けて現場に駆け付けた警察官が、42歳と45歳の韓国人2人を不法侵入の疑いで逮捕した。

 

2人はいずれも韓国KBSテレビの記者だったという。

 

事件発覚後、KBSテレビは速やかに

「米朝首脳会談前という大事な時期に、所属記者が私欲に走り、慎重な取材姿勢をとらなかったことについて、全ての国民に対してお詫びします」

と公開謝罪した。

 

情報によると、2人は強制送還処分を受け、9日夜に韓国に戻ったとのこと。

 

この不祥事に対して多くの韓国ネットユーザーが怒りを示しており、ネット上では

「こいつらはどうして韓国の顔に泥を塗るようなことをするのか」

「恥知らずめ、帰って来るな。韓国からも追放せよ」

「シンガポールの法律で代償を支払ってもらいたい」

などのコメントが寄せられている。

 

韓国の記者による外国での取材活動をめぐっては、しばしばトラブルが起きている。

 

昨年6月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪米した際の米韓首脳会談記者会見では、ルールを守らず勝手に行動したことでトランプ大統領から警告を受けた。

 

同12月の文大統領訪中時には、韓国側が雇った警備員ともみ合いになっている。

 

韓国の青瓦台(大統領府)報道官は

「今回の件以外に、韓国人記者が現地の警察に身柄を拘束される状況が4度発生しているという。いずれも撮影禁止エリアでの取材活動が原因だ。国内メディアにはくれぐれも留意してもらいたい」

とコメントしている。

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-,