東京高裁が「袴田事件」の再審取り消し 地裁の「無罪」判断覆る

 

静岡県で1966年、一家4人が殺害された「袴田事件」の第2次再審請求即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、死刑が確定した袴田巌さん(82)の再審開始を認めた静岡地裁決定を取り消し、袴田さん側の再審請求を棄却した。

 

 

死刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。

 

地裁の「無罪」判断は4年余りで覆った。弁護団は最高裁に特別抗告する方針で、再審の可否を決める審理は、さらに続く見通し。

 

確定判決が犯行時の着衣と認めた半袖シャツの血痕と、袴田さんのDNA型が一致しないとする鑑定の信用性を高裁がどう判断するかが最大の焦点。

 

高裁は「鑑定手法の科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在し、結果は信用できない」と判断した。

 

 

静岡地裁は2014年3月、DNA型鑑定を根拠に、捜査機関による証拠捏造(ねつぞう)の疑いに言及し、再審開始を決定。

 

死刑と拘置の執行も停止し、

「これ以上拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」

と、逮捕以来48年ぶりに袴田さんを釈放した。

 

 

半袖シャツなど確定判決が犯行時の着衣と認定した衣類5点は、事件から約1年2カ月後に現場近くのみそタンクの中から見つかった。

 

第2次請求審で鑑定を実施した本田克也・筑波大教授は、半袖シャツに付着した犯人のものとされる血痕からDNAを抽出するため、刑事裁判のDNA型鑑定では使われたことがなかった試薬「レクチン」を使用。

 

血痕の型と袴田さんの型が一致しないとの結果を地裁に示し、地裁は鑑定結果などを

「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」

と認定した。

 

 

この事件について、北村晴男弁護士はTV番組で番組で「正義の裁判官」と称賛する元裁判官・熊本典道氏の人生をVTRで再現した。

 

熊本氏は、29歳のとき「袴田事件」で主任裁判官を務めていた。

「袴田事件」とは、1966年に静岡県清水市で発生した強盗殺人放火事件において、元プロボクサーの袴田巌元被告に死刑判決が下されたが、2014年3月に逮捕から48年目で釈放され、再審を命じる判決がなされた事件のこと。

実は、袴田元被告の釈放のため働きかけていたのは、かつての裁判で死刑判決文を書いた熊本氏だったという。

死刑判決から40年後、熊本氏は会見を開き、袴田元被告の無罪を確信していたにも関わらず、死刑判決文を書いたことを告白している。

 

熊本氏が事件の主任裁判官を務めていた当時の裁判官は、熊本氏を含め3人いたそうで、熊本氏以外のふたりが袴田元被告の有罪を主張。裁判官3人の多数決で死刑判決が決まったそうだが、判決文を書くのは主任裁判官の役目だったという。

 

無罪を訴えていた熊本氏が、死刑の判決文を書くという矛盾が起きていたのだ。

 

熊本氏は、死刑判決文を書いた半年後の1968年9月、無実の人を死刑にしたという罪悪感から裁判官を辞職した。

その後は弁護士に転身して、弁護士事務所も開業した。結婚してふたりの子どもにも恵まれる。

だが、最高裁でも袴田元被告の死刑が確定すると、あらためて熊本氏は自身がかつて死刑の判決文を書いた罪の重さを感じることに。

酒に溺れてアルコール依存症になり、うつ病とパーキンソン病にも襲われる。家族にも見放されてしまい51歳で離婚し、弁護士の仕事も解雇されてしまう。

 

そして自身も死を考えて海外に向かった矢先、少年の自殺に遭遇する。

 

少年の親族が悲しむ姿を見た熊本氏は、袴田元被告の死刑を阻止するべく奮起。2007年3月に会見を開き、死刑判決は間違いだったと告白した。

 

VTRの中で北村氏は

「裁判官が守秘義務を守るのは絶対」

「合議の秘密を漏らすことは、ありえない」

としながらも、それを破ってまで正義を貫いた熊本氏の告白を

「40年間の本当に罪の意識に苛まれてきた魂の叫び」

だと表現した。

 

VTR終了後、スタジオでは北村氏が涙をみせる。

 

そして、言葉を詰まらせながら

「(熊本氏は)例えばの話、あそこで裁判長に殴りかかってもいいから『絶対におかしい』『もう1度考えてくれ』と、なぜ言い続けなかったのかと自分を責めたと思います」

「でも、制度の枠組みの中で生きてる人間っていうのは、そこまで強くない」

と語っていた。

 

 

真実はどこにあるんでしょうか?

 

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-,