法政大学の教授が首相を批判

 

評論家の佐高信氏や法政大学法学部の山口二郎教授らが8日夜、新潟知事選の立候補者、元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦=の応援に駆け付け、新潟市中央区のJR新潟駅前で安倍晋三首相や、ほかの知事選候補者を批判する演説を行った。

 

 

佐高氏は

「安倍晋三は拉致問題を食い物にして首相になり、無責任なことやってる。本当に拉致問題を解決したいなら平壌に乗り込め。そして帰ってくるな」

と絶叫。

 

聴衆からは「そうだ」と大きな声が上がった。

 

 

さらに、佐高氏は

「安倍のバカなバカ騒ぎを打ち破るためにも絶対に勝たないといけない。自民党に天罰を、公明党に仏罰を」

と声を張り上げた。

 

 

また、山口氏は

「もう腐った男はいらない。女性の知事を実現させるべく、力いっぱい戦っていただきたい」

と訴えた。

 

 

米山隆一前知事の辞任に伴う知事選は10日、投開票。元五泉市議の安中聡氏(40)、元海上保安庁次長で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持、池田氏の無所属新人3氏が人口減少問題や産業振興などを争点に激しい舌戦を繰り広げている。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,