長友 本田にはっきりとダメ出し

 

盟友にも忌憚なく意見した。

 

8日のスイス戦(0-2)後、

「僕を含めて、もっと走れないのかなと。相手より走れなかったら、クォリティーで負けているんだから勝てない」

と話していた日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)。

 

10日の練習後の取材対応では、試合の映像を見直したことを明かし、

「単純にクオリティーでも劣るし、走れているかと言ったら走れていない」

とあらためて指摘した。

 

「戦える体があって、走れる足があって、そこに経験がプラスされてやっとチームに貢献できる。経験だけではチームを勝たせることはできないし、戦えないと、走れないと、チームは勝てない。僕らベテランと言われている選手がどれだけ戦えたのか、どれだけ走れたのか」

 

自戒を込めて厳しい言葉を並べた長友はMF本田圭佑とも議論したという。

 

「自分自身を見てももっと攻守にやれることはいっぱいあるし、(本田)圭佑もまだまだ走らないといけない。『もっとミスを減らしてくれないとチームも勝てない』ということは圭佑とも話した」。

 

トップ下で先発した盟友にハッキリと“ダメ出し”した。

「彼自身がもっとパフォーマンスを上げてもらわないと。もっと走って、もっとミスを減らして、得点に絡んでもらわないとチームは勝てないし、僕らが出ている意味もなくなる。僕もこないだの試合で何ができたか。得点にも絡めていないし、いいクロスも上げられていない。ベテランと呼ばれる選手がもっと走って戦わないと、経験も生きない。“だったら若い選手でいいでしょ”となる」

W杯メンバー23人の平均年齢は史上最高齢の28.26歳(本大会初戦時)。

 

SNS上では「年功序列」「おっさんジャパン」などと批判の声も挙がった。

 

自身のツイッター(@YutoNagatomo5)に「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」と投稿し、“炎上”も経験したからこそ、ピッチ上のプレーで周囲を納得させるしかないが、それだけのパフォーマンスを見せられていないことも理解している。

「もっと僕たちが若い選手より戦えないと、走れないと。プラス経験があるからチームは良くなっていくわけで、経験だけでは勝負できない。サッカーはそんなに甘い世界じゃない」。

 

本番前に自分たちの存在意義を示すチャンスは12日のパラグアイ戦(インスブルック)しかない。

 

「このままだと普通に3戦全敗もあり得るし、相当な危機感を持って、練習でも引き締めるところは引き締めないといけない。やらないといけないことはたくさんある」。

その一つが走ることであり、戦うこと。

 

「戦術どうこうの前に戦えているか。魂を持って、一人ひとりが戦って、走れているか。みんな甘さがあるし、自分自身にも甘さがあると思う。戦術も大事だけど、それは一つの逃げなのかなと。相手より走る、戦う。そこを見せたい」。

 

長友はそう力を込めた。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,