片山晋呉の態度にプロアマ戦招待客激怒

 

国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、5月30日の日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦で、ツアー31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=が同組の招待客に対し、不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたことを公表した。

 

JGTOの青木功会長(75)や石川遼選手会長(26)は、プロアマ戦を大事にする方針を掲げてきた。

そのため、今回の件は極めて深刻と受け止めているという。

 

複数の関係者によると、森ビルの招待客は片山がポケットに手を入れたまま話をしたり、グリーン上で客のライン読みよりも、自身の練習の方を優先したなどの態度に対して激怒。

 

わずか3ホールで帰ったという。

 

既にJGTOは当事者2人の事情聴取は済ませたが今後、JGTOの野村修也理事と外部弁護士からなる調査委員会を設置し、6月中に懲戒・制裁委員会を開催して処分を決定する方針という。

さらに1か月以内でJGTOの規定の改正を含む再発防止策を講じ、選手会とともにプロアマに対する選手の意識改革を進めるための方策を決定し順次、実施に移す予定だ。

 

日本ゴルフツアー機構は6日、青木功会長名のファクスで、5月30日に行われた日本ゴルフツアー選手権森ビルカップのプロアマ大会での片山晋呉(45)の行動に対して、懲戒、制裁処分を検討している事を発表した。

プロアマ戦に参加した招待客が片山の対応に不愉快な思いを持ち、プレーの続行を断念したという。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


機構は、選手が守るべき準則として

「プロアマトーナメントの重要性に鑑み、プロアマトーナメントに出場するアマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならないこと」

を明記しており、今回の件は「極めて深刻」な懲戒、制裁事由としている。

 

すでに当事者の聞き取りは済ませており、事実関係の認定後、片山に対する懲戒、制裁の要否を決定するという。

ファクスでは

「ご不快な思いをされたアマチュアの方はもちろん、森ビル株式会社様をはじめ関係者の皆様方に、この場を借りて深くお詫び申し上げます。本件が、プロアマトーナメントの改善につながる契機となるよう選手と一丸となって努力して参りたいと存じますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申しあげます。」

と謝罪。

 

また、外部弁護士からなる調査委員会を設置し、経緯と内容を調査。2週間で結果を公表、6月中に片山の処分の要否、内容を決定するという。

 

永久シード獲得の選手がこんな態度ではね・・・

どうしても営業スマイルがいやだったらプロアマ戦に参加しなければいいのに。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 話題
-, ,