日本大学を腐らせてる人々

 

言葉は通じるのに話が通じない。

 

だらしない大人たちとは対照的な言動が際立った日大アメフト部の宮川泰介選手。

過日の会見では陳述書が配られ、彼はそれを読み上げたが、決して口にしなかった黒幕コーチの名がある。

内田正人監督らのくびきから解き放たれてもなお言わなかったその名は、フェラーリ、大阪堂島ビル、芦屋の豪邸……きらびやかに彩られている。

 

 

会見で宮川選手は、試合当日の3日前にあたる5月3日から18日までの出来事を説明した。

これは陳述書に基づいたものだが、実はその一部に黒塗りされた箇所があった。

 

〈5月14日、井上コーチから父に連絡があり「三軒茶屋のキャンパスに来て欲しい」と呼び出され、父と二人で訪問しました〉

と記された後の2行半の部分だ。

 

事情に詳しい日大関係者によれば、

 

「黒塗りされた部分には、およそこんな文言が並んでいました。“井上コーチに会議室へ通された。そこへアメフト部OBでコーチの井ノ口さんが来て、30分くらい話をした。その途中で、私(宮川選手)は席を外すようにと言われた”」

 

 

「井ノ口さん」とは?

 

「井ノ口っていうのは2人いて、忠男さんとその息子のこと。息子の方は例の問題コーチである井上さんの1つ後輩になります。まあ、こういう大事な席に出てくるのは、間違いなく父親の忠男さんでしょう」

 

と、さるアメフト部OBは忠男氏について、次のように続ける。

 

「現役時のポジションはローバー(守備)でキャプテン。日本代表にも選ばれたことがあります。1979年に卒業してからは、地元の大阪を拠点にビジネスを展開する一方で、プロ野球の小林繁のマネジメントも担当していました。

大阪キタの一等地である堂島に30坪7階建てのビルを構え、神戸の芦屋には3階建て40坪の一軒家を所有、そしてビンテージ風のポルシェ911ターボ・カブリオレ、ベンツのSクラスAMGとG63、親族名義ですがフェラーリなどを揃えた『井ノ口コレクション』を誇っています」

 

 

監督の指示じゃない…

近年、忠男氏は日大のドンこと田中英壽理事長の懐刀として活躍。

 

2010年に作られた「株式会社日大事業部」では、その運営を一手に担った。

人を食った名の同社は、日大に関する物品の調達、業務委託、各種システム関連など多岐に亘る業務を管轄している。

その功績が認められた忠男氏は昨年秋、日大本部の理事に抜擢されたのだった。

 

 

「そういう権力基盤があるから、アメフト部でも大きな顔をしてきました。内田さんのことなど、歯牙にもかけていません。実は内田さんは今回の件の後、(ナンバー2である)常務理事を辞めたがっていたんですが、田中、井ノ口に止められたんです」(同)

 

では、5月14日のその場で、何が語られたのか。

 

 

ある現役選手に聞くと、

 

「井ノ口さんは宮川選手に、“タックルについて、監督の指示ではなかった。自分自身の判断だと言え”と詰め寄ったそうです。選手はかなり悩んでいましたね」

 

選手側は、その命令に屈することなく弁護士に相談する方法を選び、会見への道が拓かれたわけだが、別の選手は、

「いや、それ以上のことを言われたと聞いています」

として、こう話す。

 

「宮川親子はこの場でのことについて、仲間内でも“弁護士に聞いてほしい”と言って黙ってしまう。かなり怯えていて、井ノ口さんから相当な『圧』があったんじゃないかなと感じました」

 

これでは言葉も話も通じまい。

 

 

僅か1カ月前なら、道行く人はこの男のことを誰も気に留めなかったろう。

 

だから彼も墓場まで隠し通せると思ったに違いない。

突として、顔や身なりまですっかり全国区となった日大アメフト部の井上奨コーチには、公にしたくない日大との密接な繋がりがある。

 

それは“おかし”な疑惑に発展してしまい――。

 

日本の危機管理史上、最も秀逸な教材となった会見で、ひたすら内田正人監督を庇い続けたのが井上コーチだ。

 

かつて、同性愛者向けのビデオに出演したことが暴露され世を騒がせた。

会見同様、当人は頑なに否定を続けているが、そこでもう一つ。

 

 

騒動を受け日大生やOBの間で、実(まこと)しやかに囁かれている話を紹介しよう。

 

ある日大校友会員が言う。

「『日本大学特製バウムクーヘン』ってのがあるんですけど、それを大学に納めているのが、井上コーチの実家だとか。なんでも大阪にあるお菓子屋らしいんだけど、日大公認だから、入学式などには父兄も記念に買っていく人気商品ですよ」

 

味は可もなく不可もなく、お値段は1箱1620円。

これが事実なら、まだ30歳そこそこの日大職員としては“平(ひら)”に過ぎない井上コーチが、何故ここまで重用されるのだろうか。

 

 

その真相を探る前に、彼の来歴を振り返っておく。

 

先の校友会員に聞くと、

「井上くんは、大阪にあるアメフトの強豪高校から、日大文理学部の体育学科に入学しました。在学中もずっとアメフト一筋で、卒業後は日大に就職すると共に、系列高校の日大豊山の監督に抜擢されているのです」

その際、教え子として顔を合わせたのが他でもない、宮川泰介選手である。

 

 

大学から利益

これまで日大系列校の指導者となるには、原則的に付属校の出身者が優遇されてきた。

 

いわば井上コーチは、大学から日大閥の仲間入りを果たした外様ゆえ、

「彼を知るアメフトの関係者は、皆一様に“井ノ口さんに引っ張ってもらったんだろう”と言いますね」

とは、古参のアメフト部OBだ。

 

日大のドンこと田中英壽理事長の懐刀として活躍する“黒幕コーチ”井ノ口忠男理事と、井上コーチの接点はまさにバウムクーヘンだったと話を継ぐ。

 

「井上コーチの実家であるお菓子屋は、バウムクーヘンを主力商品にしているのですが、大阪市内で直営店を兼ねたカフェをやっている。JR大阪駅にも程ちかい、人通りの多い堂島の一等地ですが、入居しているのは井ノ口理事が所有するビルの1階。

井上コーチは家族ぐるみのつきあいで、『黒幕コーチ』と強い絆があることが分かります」

 

 

それだけではない。

 

かの「日大特製バウム」を販売しているのは、井ノ口理事が運営を一手に担った「株式会社日大事業部」と聞けば、井上コーチとフォーメーションを組んで、カネのなる木に突進する様が目に浮かぶ。

同社は、日大に関する物品の調達、業務委託、各種システム関連など多岐に亘る業務を管轄している。

 

 

だが、肝心の「日大特製バウム」の箱に記された製造販売業者は、井上コーチの実家の菓子屋ではない。

 

そのため、井上コーチの実家に何度問い質しても、

「私共が、日大にお菓子を納入しているなんてことは、これまで一切ありません」

と嘯(うそぶ)くばかりだが、そこにはこんなカラクリがあると先の校友会員が話を継ぐ。

 

 

「井上コーチの実家は、製造元から菓子を買い取り、それを別の販売業者へと卸して日大に上納しているんです。いわば仲介役に徹することで、決して製品表示から井上一家が絡んでいることは分からないようにしている。間違いなく大学から利益は得ていますよ」

どこまで学生を食い物にするつもりなのか。

 

 

 

見事な相関図です。

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,