関学大選手の復帰会見に称賛の声

 

「アメリカンフットボール、関学大27-16関大」

(27日、万博フィールド)

 

6日に行われた日大との定期戦で負傷した関学大のQB奥野耕世選手(2年)が3週間ぶりに試合出場し、38ヤードのTDパスを通すなど活躍。

鮮やかな復帰を果たした。

 

試合後には、鳥内秀晃監督とともに囲み取材(会見)に応じ、日大のDL宮川泰介選手(3年)に対して

「会見で『フットボールをする権利はない』と言ってたんですけど、それはまた違うと思うので、またフットボール選手として戻って、グラウンドで正々堂々と、ルール内で勝負できたらいいなと思います」

とフィールドに戻ってきてくれることを願った。

 

この会見に各界から賞賛の声が続々。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長はツイッターで

「反則タックルで負傷した関西学院アメフト選手、事情を理解して、加害者の日大アメフト選手に『アメフトに戻ってきた彼と正々堂々と闘いたい』と言っている。これこそスポーツマンシップだ」

と高く評価した。

 

教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏もブログで

「試合後のインタビューでの対応と態度 内容に感動しました!」

とコメント。

 

「態度が立派ですね 学生スポーツに期待持てて嬉しいですね」

と応援する気持ちを伝えていた。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-