「正直宮川くんと嘘つき安倍くん」

 

日本大学の宮川選手は責められない。

あのように痛切に反省し、誤魔化しのない謝罪をしたことは評価できる。

やったことは取り返しがつかないが、あの謝罪は彼の人生を歪ませずに済む。

もともと正直な性格だったのだろう。

 

たまたま指導者が悪質過ぎた。

 

これが子供の頃から平然と嘘つくような人間は、大人になり、年季を重ねてくると、あまりにも平然と嘘をつく人格になる。

日大の指導者たちはもちろんその種の嘘つきだが、一国の首相にも「平然嘘つき」がいる。

 

 

安倍晋三くんは子供の頃に「宿題やったか」と聞かれて、まったく手をつけてないにも関わらず、「うん、済んだ」と平然と答える性格だったらしい。

 

ウソがバレて、学校側から1週間でさらに別の宿題を罰として出されても、本人がやらず、安倍の養育係だった女性が代わりにやってあげていたという。

 

いやはや実に伸び伸びと嘘つきに成長してしまったのだ。

 

 

道徳の教科書に載せたらどうだろう?

 

「正直宮川くんと嘘つき安倍くん」という題で。

 

首相にまでなった嘘つきと、アメフトをやめた宮川くん、どちらが人間として上等でしょうか?

 

 

これに答えさせるのは、子供を鍛えるぞ。



-いい話, スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,