古市憲寿、毎夜の習慣に「ヤバい」指摘

 

就寝前に「イマジナリーフレンドとしゃべっている」――。

 

社会学者の古市憲寿さんが2018年5月20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でそう語り、番組の共演者から驚きの声が続出した。

 

古市さんは「え?そんなにヤバいことなの?」と戸惑い気味だったが、ネット上には「ふつうにいるよ」など共感の声もみられる。

 

 

「イマジナリーチャイルドをつくればいい」

番組では、タイのWBCスーパーフライ級王者のシーサケット・ソールンビサイさん(31)が失恋のショックで今夏に予定していた試合を延期すると報道。

 

2017年9月に14年の付き合いの末、プロポーズしていたが、相手の女性が18年5月10日、SNSで決別を記すとともに、他の男性と仲良く写っている写真をアップしたという。

 

このニュースを受けて、出演者の話は思わぬ方向に広がることになった

 

古市さんが「別れても、死んだわけじゃないでしょ」とコメント。

 

その上で、

「スゴイ好きになった人がいたとして、別れるじゃないですか。イマジナリーチャイルドとか頭の中につくればいいじゃないですか」

と持論を述べた。

 

イマジナリーチャイルドとは?――出演者にそんな疑問が湧いたのだ。

 

 

古市氏は「あの人と結婚して子どもを作っていたらこうなるかな」と説明した。

空想することで脳内に作り出す想像上の子どものことだというが、番組出演者からは「余計にさみしくないですか?」など、まったく共感してもらえず。

 

古市さんは

「幸せだった場合のイマジナリーチャイルドはこうかな、とか。その場合の人生を想像したりします」

と話した。

 

番組ではさらに、イマジナリーチャイルドの話が続いた。

 

古市さんと親交の深いタレントの千秋さんが

「古市くんはそもそも、イマジナリーフレンドとか想像上の友達がいっぱいいて、毎日夜しゃべっているんですって」

と暴露したのだ。

 

 

「自分もいるけどおかしなこと?」

古市さんはイマジナリーフレンドについて

「夜もう寝ようかなと思う時、眠りに落ちる前、しゃべり相手がいないじゃないですか。だからイマジナリーフレンドとしゃべっている。頭の中に何人かいて...」

と打ち明けた。

 

話す内容は「色んなことがあるじゃないですか」という。

 

千秋さんはさらに「いつも同じ人なんです。名前、あったでしょ?」と明かし、他の出演者からも「名前を教えて」と質問攻めにされると、古市さんは

「え?そんなにヤバいことなの?誰もいないですか?イマジナリーチャイルド」

と動揺を隠せず。

 

イマジナリーフレンドをもつ人は出演者に1人もいないようで、松本人志さんは

「今、お台場で一番やべえヤツじゃない?」

とツッコミを入れていた。

 

 

ツイッターなどインターネット上では、

「古市さんヤベ~イマジナリーフレンドと寝る前話てるらしい」

「イマジナリーフレンドって言葉、初めて聞きました」

との声が上がる一方、

 

「古市さんとおんなじ? 私にもイマジナリーフレンドおったなぁ」
「イマジナリーフレンドっていうの自分もいるけどおかしなこと?」
「え、ふつうに友達いるよ頭の中に いつも色々相談してるもん」

と共感の声も少なくなかった。

 

実際、千秋さんも番組放送後にインスタグラムで

「古市くんには何人もいるというイマジナリーフレンドですが、そのようなお友達って、実は妹にはいました」

と明かしている。

 

 

ちなみに古市さんは

「フレンド同士が(キスを)することはあるかもしれない」

などとも語り、

「今ひとつレベル上がったよ」

「パペットマペットやん」

と出演者を驚かせていた。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-,