大谷翔平が2失点で4勝目 移籍後最多の110球でチーム連敗止める

 

◆エンゼルス5-2レイズ(20日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(23)が20日(日本時間21日)、本拠地のレイズ戦に先発登板し、4勝目を挙げた。

 

メジャー移籍後、最長となる7回2/3を投げ9奪三振、6安打2失点。

球数も最多の110球だった。

 

エンゼルスは5-2で勝ち、連敗を5で止めた。

大谷は3回にフィールドに左中間へ先制ソロを許したが、打線が4回に2点を奪って逆転。

大谷は8回に1点を失ったが、4勝目(1敗)を挙げた。

 

大谷は

「先制点を許したんですけど、そのあとしっかり抑えられたのが良かった。連敗中に勝てたのはすごく大きいことじゃないかと思います」

と振り返ると、

「最後の方は僕もいっぱい、いっぱいでした」

と話した。

 

8回にマウンドに上がったことについて、ソーシア監督は

「彼の気持ちを尊重した。最後まで力強かったし、カーブも切れていた」

と明かし、

「大谷は110球も投げてよくやってくれた。どうリカバリーするかが重要だが、このまま投げてもらいたい」

と評価していた。

 

 

メジャー最多110球&最長7回2/3を投げたこの日は、9奪三振を記録して今季通算52奪三振。

デビューから7戦目で通算50奪三振に到達したのは、球団史上最速記録となった。

 

 

序盤は制球に苦しんだが、初回1死にクロンを空振り三振に仕留め、この日1つ目の三振を記録した。

そこから毎回三振を奪い、5回先頭スミスを空振り三振として通算50奪三振。

7回こそ三振はなかったが、8回にクロンを3球連続スライダーで空振り三振に斬り、通算52個目の三振を記録した。

 

 

球団によれば、メジャーデビュー7戦目で50奪三振以上を記録したのは、田中将大(58奪三振)、野茂英雄(55奪三振)、ダルビッシュ有(51奪三振)に続く日本人投手として4人目だった。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-,