斉藤由貴は偽りの姿? 長女明かす

 

女優の斉藤由貴(51)が、自身の不倫スキャンダルを受け入れた娘の言葉に感謝した。

 

斉藤は16日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話」に出演。

同番組には大学1年の長女もVTR出演し、家庭での斉藤の母親ぶりについて語った。

 

 

長女は、

「最近観たお母さんのテレビが記者会見だった」

と、斉藤が昨年8月に報じられた50代医師との不倫スキャンダルにも触れ、

「テレビでふわふわしてるんだったら、あれは若干、偽りの姿。結構怒るし、結構怖いです」

と、母親としての斉藤の“素顔”を暴露。帰宅時間が遅くなったことで激怒されたというエピソードを語り、

「ほんとに怒るとスケバン刑事みたいになる。『ふざけんな!』って」

と明かした。

 

 

しかし、そんな母と普段から2人で食事に出かけるなど仲が良く、仕事で多忙ながらも家事を怠らない姿勢を「尊敬している」という。

 

斉藤から「大丈夫かな? 普通のお母さんの方がいいよね?」と聞かれたことがあるそうだが、長女は

「普通のお母さんより、私は今みたいな若干スリリングな方が好きだよ。いろいろあったし、平凡より楽しい。そういうお母さんで私はうれしいよ」

と返したと語った。

 

 

そんな長女のVTRを観終えた斉藤は、涙をこらえるようにしばらく沈黙した後、

「ありがたいと思っています。やっぱり、たくさん迷惑を掛けているので……」

とコメント。

 

「いろんなことがあって、私も葛藤というか……。娘にしてみればたぶんすごく私のいろんなことをわかってる、だから最終的にこういうふうにインタビューに答えてくれてる部分があると思う」

と長女の胸中を推し量った。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-,