「電車にひかれれば…」新潟の女児殺害めぐり逮捕された男の供述

 

新潟市で小学2年生の女の子の遺体が線路に遺棄された事件で、逮捕された男が線路に遺棄した理由について、

「電車にひかれれば死んだ理由がばれないと思った」

と話していることがわかった。

 

 

新潟市西区の会社員・小林遼容疑者は今月7日夜、近くに住む小学2年生・大桃珠生さんの遺体を線路に遺棄し、列車にひかせて損壊させた疑いが持たれている。

 

小林容疑者は大桃さんの殺害についてもほのめかしているが、その後の捜査関係者への取材で、遺体を線路に遺棄したことについて

「電車にひかれれば女の子が死んだ理由が警察にばれないと思った」

と話していることが新たにわかった。

 

 

また、これまでの調べに対し、

「事故を装うために遺体を線路に置いた」

と話していて捜査本部は供述の裏付けを進めている。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,