山口達也 実は別の病に悩んでいた。

 

元TOKIOの山口達也(46才)による一連の騒動。山口は、肝臓を休めるための入院から退院したその日に酒を飲み、番組共演で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、無理やりキスをするなどしたという。

 

アルコール依存症の疑いがあるともいわれているが、実は別の病に悩んでいた。

 

「山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられていますが、本当の病名は『双極性障害』、いわゆる『躁鬱病』だそうです。マライア・キャリーも先日、17年間も双極性障害に苦しんでいると初告白しました。日本で『鬱病』の患者数は500万人いるといわれています。

山口さんももう6~7年は前から苦しんでいるそうです。この病気のため精神が不安定になったことが、今回のさまざまな出来事の根幹にあります」(音楽業界関係者)

 

 

◆「現実の自分」と「理想の自分」とのギャップ

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で大自然と向き合い、福島の再興に体を張る姿から、爽やかで漢気のあるイメージの山口だが、その裏側では人知れず心の病に苦しんでいた。

 

「山口さんは5年以上前から躁鬱に苦しみ、入院していたこともあった。精神的に不安定になり、お酒に頼ってしまってトラブルになることもありました」(山口の知人)

 

 

躁鬱病とはいかなる病気か。

精神科医の片田珠美さんが解説する。

「躁鬱病の正式名称は『双極性障害』で、躁状態と鬱状態を繰り返すことが特徴です。落ち込む時はすごく落ち込み、元気な時はカラ元気でハイになります」

 

 

一般に躁鬱病にかかりやすいのは、「真面目で人の評価を気にするタイプ」という。

 

「典型的なのが真面目で自分に与えられた役割を忠実に果たそうとして、他人からどう見られているかを人一倍気にする人です。その評価がちょっとでも悪いとものすごく落ち込みます。山口さんはテレビで農業をしたり朝の情報番組の司会をしたりして、周囲にいいイメージを与えていました。

他人からの評価を気にするあまり、対外的によいイメージを無理をして作ろうとしていたのかもしれません。そのため、現実の自分と理想の自分とのギャップが大きくなったことが、躁鬱病を発症した一因と考えられます」(片田さん)

 

 

さらに病気を悪化させた大きな要因は、山口が「孤独」であったことだ。

 

「躁鬱病から回復するためには、周囲からのサポートが不可欠です。山口さんのケースでは、約2年前に離婚して家族の支えを失ったことが病の進行に大きく影響したと思われます」(片田さん)

 

 

◆支えだった家族との離婚で陥った「負のスパイラル」

山口は1999年に知人の紹介で出会った5才年下のA子さんと交際を始め、2004年には神奈川県鎌倉市の豪邸を購入して同居を始めた。

2008年にはTOKIOの全国ツアー日本武道館公演でA子さんとの入籍を報告。

同年5月に第1子となる長男、2010年9月に次男が誕生した。

 

 

「当時は鎌倉の海岸で趣味のサーフィンをする山口さんをよく見かけました。小さな子供を抱えた奥さんと家族4人そろって地元の商店街で買い物をしていたこともあり、アイドルなのに気取らず仲のいい一家だなと微笑ましかったです」(地元住民)


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

ところが2016年8月、山口は突然の離婚を発表した。

会見では離婚の理由として、「すべてが原因だと思っています。お酒の飲み方だったり…」と語った。

 

この離婚の背景にも、山口の「病気」があった。

 

「精神的に不安定な山口さんが酔っぱらって家庭内でトラブルになる危険性もあり、医師や周囲は“妻と子供と離れて暮らした方がいい”とアドバイスしていました。2015年には鎌倉の豪邸を売って都内に引っ越したものの、別居状態に。その頃にも入院を繰り返していました。

家族と離れ離れになることが、生来は真面目な彼の心をさらに蝕んだ。離婚した直接のきっかけも、酒に酔った山口さんが女性とトラブルを起こしたからなどといわれます」(前出・山口の知人)

 

 

元モデルのA子さんは鎌倉の自宅で「ブラジリアン・ワックス」を施術するサロンを開いていた。

 

「A子さんは離婚した後、結婚時に山口さんが購入した都内一等地にある地下1階地上2階の自宅でネイルサロンやハワイアンジュエリーの販売を手がけていました」(A子さんの知人)

 

しかし、すでにその自宅にA子さんと子供たちの姿はない。

 

彼女は現在、日本を離れハワイで生活を送る。

 

「お子さんと一緒にマンションで暮らしていて、山口さんも数か月に1度は現地を訪れて子供たちと遊んでいたそうです。今年の1月にも2人の子供が“パパ、パパ”と山口さんの足元にじゃれついているのを現地で見かけました。離婚しても、子供たちへの愛情はまったく変わっていないです」(前出・A子さんの知人)

 

 

妻との離婚で愛する子供たちと離れ離れになり、深い喪失感を抱いた山口は、より一層、アルコールに耽溺するようになった。

 

片田さんは、「躁鬱病が原因で飲酒に走るケースは多いんです」と指摘する。

 

「気分が落ち込むと、その憂さ晴らしのためにしばしばお酒に頼ります。しかも山口さんは仕事上、福島でせっせと農業をしたり、朝の情報番組で元気よく振る舞ったりする必要があり、鬱状態の身としてはかなりつらかったはずで、そのため元気づけとしてお酒を大量に飲んでいた可能性があります。鬱の症状である不眠がつらくて、睡眠薬代わりに飲酒を繰り返すのもよくあるケースです」

 

 

精神的な混乱を抱えていても、テレビでは満面の笑みを見せないといけない。

そのストレスから酒に走れば走るほど、喪失感は募っていく。

 

「アルコールを大量に飲んでいるとさまざまな問題行動が出てくるんです。TOKIOのメンバーも会見で山口さんについて、“飲みすぎで仕事ができなかった”、“いつも酒臭かった”と困り果てていましたが、実際に飲酒による問題行動が続くと、家族や友達、仕事相手にまで見放されて孤立し、ますます落ち込んでいきます。山口さんもこの“負のスパイラル”に陥ったと考えられます」(片田さん)

 

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,