大谷翔平の打球 カメラ追えず

 

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が打撃練習で見せた驚愕のパワーが脚光を浴びている。

 

8日(日本時間9日)の敵地ロッキーズ戦、試合前の打撃練習で3階席に飛び込む150メートル弾を連発。

試合とは関係ないにもかかわらず、エンゼルスの地元FOXスポーツウェストが動画付きで公開し、打球を追ったカメラマンも“騙す”ほどの飛距離が大注目を浴びた。

 

163キロを投げ、150メートルのサク越えを叩き込む。

 

これが、大谷翔平だ。FOXスポーツウェストが公式ツイッターで紹介したのは、8日のロッキーズ戦の試合前、打撃練習だった。

 

右投手が投げ込む緩い球に合わせる大谷。

注目は軽やかなスイングに反比例するかのように飛んでいる飛距離だ。

 

まずはホームランボールを待ち構えるファンが集まる右翼席の2階席に放り込んだ。

しかし、次のスイングはもっと凄かった。

放たれた打球は高々と舞い上がり、カメラも追えないほどの大飛球。

2階席のファンを中心に映しているが、しかし、誰も立ったまま反応しない。

 

 

それもそのはずだ。画面上部にぎりぎり写っていたガラガラの3階席、女性が一人立ち上がり、歩いていく。

客席の間から拾い上げたのは白球。

なんとファンが待つ2階席を飛び越え、3階席に叩き込んでいたのだ。

その距離、実に150メートル。

 

ロッキーズの本拠地クアーズフィールドは気圧が低く、打球の飛距離が出やすいとされるが、3階席まで飛ばすなんて並大抵のことではない。

 

 

ピンポン玉のように飛ばす打撃練習はNPB時代からおなじみ

投稿では

「イエス、バッティング練習だ。しかしどうだ、ショウヘイ・オオタニが上階スタンドにボールを送り続けているぞ」

と打撃練習にもかかわらず、驚きをもって伝えている。

 

カメラマンも騙した特大弾を目の当たりにした米ファンも

「神にすら届きうる」

「ぜひプレーオフで同じものを見せてくれ」

と反響を呼んでいた。

 

 

大谷といえば、NPB時代から打撃練習では敵軍の選手がわざわざグラウンドに出て眺めることもあるなど、ピンポン玉のようにボールをスタンドに運ぶ風景は試合同様に価値があり、練習から駆けつける熱心なファンを含め、関係者にはおなじみだった。

 

しかし、メジャーではまだ新人。

試合前から与えたインパクトは鮮烈だったようだ。

 

 

並外れた飛距離はパワーはもちろん、的確にミートする卓越した天性のバットコントロールがあってこそ。メジャーデビュー以来、試合では最速101マイル(約163キロ)を投げ、打っては3戦連発など投打で席巻している大谷。

 

その一挙手一投足で話題を振りまいている。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,