小室圭さんのゴールデンウィーク、図書館で「参考書」開くも読まず

 

東宮ご一家とともに、3日から5日まで御料牧場に滞在されていた秋篠宮ご一家。

これは'15年以来の“合同ご静養”となる。

前回は両家でサイクリングや、トマトやイチゴなどの収穫をされたという。

今回もきっと両家の交流があったことだろう。

 

 

しかし当初、長女の眞子さまだけ都内に残り、同行されない可能性があったという。

 

眞子さまは、今回のご静養参加をぎりぎりまで決めあぐねていて、同行が決まったのは、数日前だったようです。

というのも、一部で眞子さまだけが栃木を訪れないと報じられたことが、関係しているのかもしれません。

 現在も例の“騒動”が秋篠宮家の中で尾を引き、静養に参加しないことで、家族に“亀裂”が入っていると勘ぐられたくないと思われたのではないでしょうか」(皇室担当記者)

 

 

“騒動”とは、今年2月に決定した眞子さまと恋人・小室圭さんとの結婚延期問題にほかならない。

 

「昨年12月に圭さんの母親が、元婚約者の男性との間に400万円以上の借金トラブルがあると報じられましたが、秋篠宮家は把握していなかったのです。

当初は小室家に不信感を持たれた秋篠宮さま(52)でしたが、最終的には、眞子さまのご意思を尊重されるスタンスのようです。

しかし、紀子さまは圭さんの母親から“借金を皇室でサポートしてもらえないか”という発言にたいへん驚いたそうで、今でも結婚の意思が固い眞子さまとの間に、“すきま風”が吹いてしまったんだとか。

実際、今回のご静養も3日の早朝に紀子さまと悠仁さまだけが栃木に向かわれて、そのあとに殿下と眞子さまが出発されたそうですから」(秋篠宮家関係者)

 

 

4月26日に都内で行われたオランダの子ども向け書籍の展示会でのふたりは、いつもの様子とは違い、“空回り”していたという。

 

「説明員の話を聞いている最中、おふたりは満面の笑みを崩さずに、あえて何度も顔を見合わされているように感じました。

フォトブースでは、紀子さまがスマートフォンを関係者に渡し、眞子さまとのツーショットを撮ってもらっていて、“仲がいい”ことを周囲にアピールしているように見えましたね。

さらに、紀子さまは説明員に“今度、オランダに行くのよ”と話してしまい、このご発言によって、10月のオランダ訪問計画がメディアに知られてしまったそうです」(同・秋篠宮家関係者)

 

 

その一方で、再来年に眞子さまと結婚される予定の圭さんは、GWをどう過ごしていたのか─。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

眞子さまが東京を離れた3日、圭さんは午後1時過ぎに自宅マンションを出て最寄り駅へ。

電車に乗って向かったのは、千代田区内にある『日比谷図書文化館』だった。

 

 

初めて訪れた様子で館内図をじっと見つめ、とある本棚から手に取ったのは『アメリカ契約法』という参考書。

 

国際弁護士を目指しているとの報道もあったので、勉強するのかと思いきや、本を開いているだけで、ずっとスマートフォンをいじり、誰かと連絡をとっているようだった。

 

そして結局、ほとんど本は読まずに、20分ほどで館外に出て、電話でタクシーを呼んでどこかに出かけていってしまった……。

「結婚延期の原因となったといわれる借金トラブルを解決するメドはいまだ立っておらず、再来年まで圭さんにかかる莫大な警備費用も問題視され始めています。

眞子さまは、この状況に心を痛めているでしょうし、皇室の方々とお会いして、この話題に触れることもおつらいのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 

 

そんな眞子さまの思いとは裏腹に、GW中に2度、“極秘”のお食事会が行われたと前出の宮内庁関係者が証言する。

 

静養先の御料牧場では、両家参加の食事会が開かれ、さらに5日の夜には、皇居で両陛下と秋篠宮家の夕食会も催されたそうです

 

 

当然、お代替わり後の公務分担などの話し合いも行われたのだろう。

 

前出の渡邉さんは、次のような見解を示す。

「両陛下と秋篠宮家の夕食会では、お仕事や悠仁さまの進学についての話も出るでしょうが、眞子さまのご結婚についての話も当然出るでしょう。

圭さんとの結婚延期でいろいろと悩まれているであろう眞子さまに対しては、両陛下も心配されているでしょうね」

 

 

皇室の方々はGWを満喫されたようだが、眞子さまだけは、晴れやかな気持ちではなかったのかもしれない─。

 

 

 

-話題
-, ,