下半身まひのアイドル「絶望も」

 

アイドルグループ「仮面女子」のメンバーの猪狩ともかさんが、2018年5月7日にブログを更新し、4月11日に倒れた看板の下敷きになった際に脊髄を損傷し、両下肢に麻痺が残ったことを発表した。

 

ブログには、麻痺という診断を受けて葛藤から、メンバーやファンへの感謝、「車椅子の猪狩ともか」としての今後についてつづられている。

 

 

「今後、車椅子での生活を余儀なくされました」

猪狩さんはブログで、11日の事故について、強風にあおられて落ちてきた看板は歩道全体を覆うような大きさで避けることが出来ず、下敷きになったと説明し、

 

「出せる精一杯の声を振り絞って「助けて...!」と口にしました。その時はとにかく苦しく、早く楽になりたいという思いでした。」

と、振り返った。

 

事故後は緊急手術や集中治療室での入院を経て、現在は一般病棟にいるという。

 

瞼裂傷、頭部挫創、脚、肋骨、胸椎、腰椎の骨折に加え、脊髄を損傷したことにより両下肢に麻痺が残ったことを明らかにし、

「私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすらできなくなってしまいました。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました」

と現状を報告した。

 

また、自身も受け入れるのに時間を要した脊髄損傷という状況を、ファンに伝えることへの葛藤があり、報告が遅れたとつづった。

 

 

ファンへ「皆さんの気持ちは確実に私に届いています」と感謝つづる

ブログでは、両下肢麻痺と向き合う中で、猪狩さん自身が「歌って踊らなくなる時=卒業」という考えを持っていることから、

「そんな状態の私に需要はあるのか。いったい何ができるのか。絶望しました」

と葛藤しながらも

「"仮面女子としての活動を辞める"という考えに至ったことは1度もありませんでした」

といい、周囲の人々や応援してくれたファンに

「皆さんの温かさに何度も救われました。夜にひとりで不安になったとき、皆さんの言葉が本当に救いでした。皆さんの気持ちは確実に私に届いています。心からありがとうございます」

と、ファンから送られた千羽鶴を実際に自身でも数えたエピソードなどを挙げながら、感謝の言葉をつづった。

 

今後については、仮面女子の楽曲の作詞に加え、ラジオや講演、司会といった喋る仕事、野球の仕事をしたいとしつつも、


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「そして最終的にはやっぱり、これは"神様の存在"とか"奇跡"という言葉になってしまいますが、脚が元通り動くようになって【アイドルとしてステージで踊りたい】です」

とつづった。

 

仮面女子の公式ツイッターアカウントによると、猪狩さんは今後も仮面女子として活動し、事務所もそれを支えていくという。

 

 

強風で看板が飛ばされたり、ビルの看板が何らかの理由で落下したりと、日常的に猪狩のような事故に直面するリスクは存在する。

万が一、そんな被害を受けたらどうしたらいいのか。責任の所在は。

 

「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士に聞いた。

徳原弁護士は

「一義的には、看板の占有者が責任を負う」

と、看板を設置している場所の管理者にまず責任が発生するとした。

 

その上で

「占有者が管理を怠っていないのなら、看板の所有者に責任が発生します」

と解説した。

 

今回のケースなら湯島聖堂側との話し合いとなる。

歩行者側のリスク回避責任については

「よほどテレビで『外出は控えて下さい』と言われていたり、看板が外れそうなのが目に見えているのに自ら近づいた場合でなければ、問われることはないでしょう」

という。

 

今回の事故では相当の慰謝料等が発生する可能性が高い。

 

今までできていたことができなくなるという『逸失利益』(過去の月収等から算定)のほか、車いす生活となった場合、自宅をバリアフリーに改装する費用なども組み込まれ、

「総額は数千万から億単位になってもおかしくない」

と推定した。

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,