がん保険CM・山下弘子さんの夫が語る数々の思い出

 

もしあなたのパートナーが、いつ亡くなってもおかしくない状況だったら?

 

──19才の時に余命半年を宣告された女性は、ある男性と出会い、生きる目標を見つけ、何気ない日常を明るく笑って過ごすことで、その後の5年間を全力で生き抜いた。

ふたりの出会い、そして先日突然訪れた永遠の別れを夫が初告白。

 

* * *

亡くなる約1か月前の2月28日午前3時に妻から電話がありました。

 

「とも、行ってくるからね、手術室に。愛しているよ」

と言われたから、

「ぼくも愛しているからね」って返しました。

 

それから、いつものように

「言うても、あなたは寝ているだけでしょ。頑張るのは医者やからね」

と軽口を叩きました。

 

 

それが彼女との最後の会話になりました。

ただ、その時はぼくも彼女も、無事に手術を終えて戻ってくると思っていたんです…。

 

 

〈最愛の妻との「最期の思い出」を語るのは兵庫県議会議員の前田朋己さん(37才)。彼の妻は5年以上に及ぶがん闘病の末、3月25日に亡くなった山下弘子さん(享年25)だ。生命保険会社「アフラック」のCMに嵐の櫻井翔(36才)と出演し、

「がんになって、いい子をやめました」

と語っていたのを覚えている人も多いだろう。〉

 

 

手術の直前、“ひろ”は友人と京都に1泊旅行へ。

昨年末から不安定だった体調が2月中旬から戻りつつあり、京都でお寺巡りや芸妓体験をしたそうです。

でも大阪の実家に戻った翌日に気管のがんが大きくなって出血して肺機能が低下。

2月28日に緊急手術をした後は意識が戻ることはありませんでした。

 

 

〈県議として多忙な日々を過ごす朋己さんは毎日、仕事を終えると、職場と病院を往復3時間かけて行き来して、眠ったままの妻を励ました。だが朋己さんや家族の看病の甲斐なく、弘子さんは帰らぬ人となった。〉

 

ひろはもう20回以上も手術を受けているので、今回も必ず帰れると思っていたはずです。

ぼくや家族にとっても「まさか」という結果になりましたが、ぼくは彼女に出会えたことを感謝したい。

妻と過ごした5年間はぼくの人生で最も幸せな時間でした。

 

 

〈がんを患い、余命を告げられながらも、生きる希望を失うことなく、自らの人生を生き抜いた妻の死から1か月、朋己さんが本誌・女性セブンだけに初めて現在の心境を明かした。〉

 

 

◆結婚生活の中でぼくが唯一涙を流した日

2013年6月に知り合いました。

 

ひろの第一印象は「若いのに頭がよくて考え方も面白く、 すごくいいな」というものでした。

が、彼女の方は「チャラい奴だ」と思ったみたいです。

髪形も爆発してたし、初対面でいきなり腰に手を回してきそうな勢いだったと後に言われました(笑い)。

 

 

その席で、ひろは「私、がんなんだよね」と言いました。

彼女はがんと言えば、ぼくが離れていくと思ったそうです。

でも、初めて2人で会った時、がんの話をあらためて聞いたぼくが目をウルウルさせたので、「この人は好青年だ」と感じてくれたようです。

それ以降、お互いを知るうちに、同じ空気感でノリも一緒だって気がつきました。

 

 

〈弘子さんは立命館大学在学中の2012年秋、肝臓がんが見つかり、「余命半年」と告げられる。10時間に及ぶ大手術を経て大学に復学したが、喜びは束の間だった。肺への転移と肝臓がんの再発が見つかってしまう。朋己さんが彼女と出会ったのはそんな時期だった。

治療と再発を繰り返すなか、弘子さんは高校時代の恩師から「講演をしないか」と声をかけられ、講演活動を開始する。さらにSNSを通じた情報発信が話題を呼んで、テレビなどで取り上げられるようになった。〉

 

 

出会って1か月後にはぼくの家族とハワイに行きました。

関西空港でぼくの両親に「初めまして」と挨拶してそのまま飛行機に乗ったんです。

 

 

当時、彼女はまだ20才そこそこだったので、

「ぼくとつきあっていても他の男の子と遊びに行っていいからね」

と伝えました。

 

ぼくが彼女にとって「最良のパートナー」か判断するためには、いろいろな経験を積むべきと思ったんです。

 

 

実際、半年間別れていた時期もあります。

ぼくはつきあって1年目くらいから結婚を望んでいましたが、彼女のなかには、「私はあなたを残して先に逝くかもしれない」という葛藤があったようです。

 

ぼくも何人かの友人に「結婚は勧められない」と言われました。

でもぼくは、「がんなんて気にしなくていいよ」と彼女に伝えました。

 

 

人間はいつどう死ぬかをコントロールすることはできません。

ぼくはひろより一回り年上ですし、出歩く機会も多いから、交通事故で先に亡くなる可能性だってある。

そんなことで悩む必要はない。

お互い愛し合っているならいいんじゃないかと。

だから、ぼくにとってがんが結婚の障害になることはなかった。

 

 

結婚に対して後ろ向きだったひろを変えたのは、『ゼクシィ』に書かれていた

「結婚式の意義は親や友人へ感謝を伝えること」

という言葉でした。

 

2017年6月大阪市内で挙式しました。

 

 

ぼくはひろの病気のことで泣いたことは一度もありません。

でも彼女がウエディングドレスを着た時に、一度だけこらえきれず涙がこぼれました。

心から嬉しそうな表情の彼女がすごくきれいで、あまりに嬉しくて泣いてしまったんです。

 

 

〈純白のウエディングドレスで幸せな笑顔を見せる花嫁の姿は、アフラックのCMでも流れた。

「生まれてきてよかったな。結婚式で、そう思えました」

と弘子さんはつぶやいた。

弘子さんは

「自分ががんになった意味は何だろう」

と考え続けたと朋己さんは言う。〉

 

 



-いい話, 話題
-, ,