浴場で2人死亡 48度の熱湯風呂か

 

愛媛県西条市の福祉施設の浴場で、80代の男性2人が死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、浴槽の湯の温度は48度になっていました。

 

先月30日午後1時ごろ、西条市にある福祉施設の浴場で藤田亀市さん(82)と竹本英俊さん(81)が浴槽の中で心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡しました。

 

2人に目立った外傷はありませんでした。

 

浴槽の湯の温度は普段は40度ほどに設定されていますが、発見から約1時間後に警察が確認したところ、48度になっていたということです。

 

通報があった時はさらに温度が高かった可能性もあり、警察では関連性を調べるとともに、遺体を1日に司法解剖をして死因の特定を進める方針です。

 

お年寄りは熱いお風呂が好きですからね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-