Rの法則・継続か・・ NHKに驚き

 

TOKIO・山口達也の強制わいせつ事件の発端となった、NHK教育テレビ『Rの法則』が、4月27日に出演者の所属プロダクション向けの「説明会」を開催したと報じられている。

 

番組は打ち切りもやむなしの状況だが、NHKサイドの見解や物言いに、参加者から不審の声が続出しているという。

 

「女子高生のプライバシー保護のため、被害者との出会いや交流を持つようになったきっかけが『Rの法則』であるということは、各マスコミとも慎重に報じています。

しかし、同番組が行った説明会はあくまで『現状説明』に徹したもので、プロダクションや出演者の保護者に対する謝罪などは、一切ありませんでした」(芸能プロ関係者)

 

 

番組は5月3日まで放送休止となり、NHKサイドはその後も継続可否の結論が出るまで、別の番組を放送するとしている。

 

「まず、事件についてはほぼ触れずに、『現場としては番組を続けたいと考えている』『予定されているロケも、このまま決行する』『番組を守っていきたい』と、局サイドの意向ばかりを聞かされ、驚きました。

番組の存続が決まらなければ、再発防止の対策なども不要になるでしょうが、それでも最低限の経緯説明や謝罪はほしかった。継続が決まったとしても、保護者の不信感は残るし、自分たちとしてもタレントを出演させたい、という気持ちは維持できません」(同)

 

 

また、すべては希望的観測ながら、継続が決定した場合の展望についても、いくつか説明が行われたという。

 

「新司会者の選定や、番組タイトルの変更、企画も多少変えていくとしながら、『出演者に関しては山口さん以外、なるべく据え置きにしたい』ということでした。

これらはあくまで現場の希望であり、番組の進退は上層部の判断待ちという状況ながら、制作局としてはなんとしてでも『Rの法則』を継続させたい意向のようです」(別の芸能プロ関係者)

 

 

しかし『Rの法則』は以前にも、一部週刊誌で「アイドルの出会いの温床となっている」などと報じられたことがあった。

 

「そこに山口さんの事件が起こったとあっては、もう“週刊誌のガセ”という言い逃れはできないでしょう。出演者同士の不適切な交流を防げず、『臭いものにフタ』的な延命措置を図ろうとする、NHKの神経が理解できません」(同)

 

 

身内からも打ち切り論が噴出するなか、果たしてNHK上層部はどんな判断を下すのだろうか。

 

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,