TOKIO山口達也の会見前「異常な」やりとり

 

4月26日午後2時、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。

 

急きょ開かれたTOKIO山口達也(46)の謝罪会見は、直前に告知されたにもかかわらず、会場の「鶴の間」に報道陣200人あまりが詰めかけた。

 

ジャニーズの人気タレントが「中高生向け番組で共演した女子高生へ強制わいせつ」という前代未聞の事件。

当事者の弁明を聞こうと、私も会場に入ろうとしたが、いきなり入場に待ったがかかった。

黒スーツの男たちの間から出てきたのはジャニーズ事務所の幹部だ。

私は旧知の間柄ゆえ挨拶を交わすと、「(取材は)だめだよ」。

 

 

ジャニーズ事務所の会見は、好意的な報道をするメディアのみを受け付けるのが基本。

しかし今回はれっきとした刑事事件で、未成年の女性が被害者である。

 

幹部が「(あなたは)悪い記事ばかり書いているじゃないの」と言うので、「そんなことはありませんよ」と穏やかに説明すると、「おお、こわいこわい、脅かされちゃったわ」と芝居がかった言葉を発した。

私は感情的になるはずもなく、「失礼しました。ならば帰ります」と頭を下げた。

 

が、最後に、週刊文春や週刊女性、日刊ゲンダイ、東京スポーツ、サイゾーなどの“不都合なメディア”がすでに会見場に入っていることを告げると、ようやく取材を許可された。

 

「変なことを聞くんじゃないぞ。メリー(喜多川)さんに言いつけてやるから」

といやみを言われたが……。

 

二重三重に守られた山口

はたで見ていると嫌がらせに思えるくらいの執拗なメディア規制によって、会見場の山口達也は二重三重に守られていた。

 

ジャニーズ事務所に、また本人に傷がつかないよう、ヤメ検の有名な弁護士が同伴し、本人が説明しにくいことや失言がないよう、保護者代わりに報道陣からの質問に答えていた。

しかし本来の“保護者”であるジャニーズ事務所経営者は姿をあらわさず、ともに謝罪することはなかった。

 

まず弁護士から経緯が語られ、

「当日、本人は相当酩酊状態で、記憶が若干明確でない状態ではあるが、被害者にキスをしたことは間違いありません」

とし、示談が成立している被害者の親のコメントが読み上げられた。

 

 

「今回、娘が被ったことは、親としては決して許せるものではありません。ただ娘にも、山口氏にもこれからがあります(以下略)」

 

フラッシュの閃光を浴びて登場した山口は深々と頭を下げた。

謝罪会見では異例の30秒の長さ。

こわばった表情でマイクを握ると、次のように言葉を述べた。

 

「被害者の女性、そしてその友人、ご家族のため、そしてお怒りの方、呆れている方、心配している方、応援してくれている方のためにもまず、処分が決まる前に私の口から今日は報告させていただくことになりますので、よろしくお願いします」

 

 

いったい部屋のなかで何があったのか?

事件があったのは2月12日。

 

それまで約1カ月間体調を壊したことが長々と語られたが、退院後の当日、自宅で焼酎1本を空けるくらい飲み泥酔。

20時ごろ、未成年の被害者女性を電話で自宅に呼び出したという。

 

女性は友人とふたりで来訪し、1時間ほど一緒に過ごしたというが、

「私が席をはずしたときに、(彼女らは)家を出た」。

 

いったいその間、なにがあったのか--。



すると質疑応答に弁護士が割って入り、詳細な事実は語られなかった。

 

「警察から連絡が来たのは3月の末でした。取り調べが始まって、内容が内容だけに自分でも怖かったので、事務所の誰に相談していいかもわからず、3月の末から4月の頭にはすぐ(事務所に)相談した」

と語り、メディアで報じられるまで普通に仕事をしていたことをあっさりと認めた。またみずからの行動については

「事件性があるとは思っていなかった」

とし、ジャニーズで断トツの結束力を誇るTOKIOのメンバーにも「誰にも伝えておりません」と語った。

 

報道がなかったら活動を続けるという考えだったのか、という問いには

「事務所と相談していたと思います」。

 

また「隠蔽するつもりはなかった」と主張しながらも、いつか公表したいと思っていたのか、という質問に「いまはちょっとわからないです」と釈明した。

 

 

寄り添う弁護士がもらい泣き

60分間の会見で山口はたびたび号泣。

 

寄り添う弁護士がもらい泣きするという違和感丸出しの空気であったが、山口自身が反省しているのはよくわかった。

しかし、相手が未成年のためというジャニーズ側の制止によって、結果的に、問題行動の中身はまったくわからなかった。

 

山口本人は「自分の甘さが問題だった」というが、会見を通じて、その大半が「酒のせいだった」と聞こえてしまう。

飲酒が原因で入院治療したのに、退院後すぐに深酒するのは、それも酒のせい、甘さのせいというのだろうか。

 

そして、これほどの事態を招いているのに、「またTOKIOでやっていけたら」とグループへの思いをたびたび吐露するあたりに、自分本位、自分勝手な印象を受ける。

被害者への謝罪感情が全面に出てこないというのが、率直な感想だ。

 

 

会見で本人の口から語られることはなかったが、酒に酔った山口は、未成年女性へ無理やりキスをし、ここでは表現できないほどの卑猥な言葉を投げかけたという。

 

かたや被害者女性の心の傷はどうなるのだろう。

 

山口の憔悴ぶりを見て一部のファンが「かわいそう」と同情する声をあげている。

 

なかには「イケメン無罪」と言い放つ者もいる。

一方、被害女性はSNSなどで、美人局にちがいない、示談金をせしめて喜んでいるでしょ、自分から家にほいほい行っているくせに、などと中傷が浴びせられている。

これは二重の悲劇である。

一部のファンから実際に嫌がらせされないか、とても心配になる。

 

 

テレビ局さえひれ伏す強大な権力を持つジャニーズ事務所に守られてきた自分の立場に対し、山口におごりがなかったといえば嘘になるだろう。

「無期限謹慎」といっても、いずれ、ほとぼりが冷めたと思われるころ、美談に仕立てて復活するのは目に見えている。

それまでは山口に苦悩の日々が続くだろうが、それは決して彼だけの問題ではない。

 

ジャニーズ事務所、テレビ局などがそれぞれ当事者として向き合うべき責任問題だと私は思う。

 

今回、山口が所属する組織のトップが姿を現して頭を下げないことは異常といえるが、そのことに誰も異を唱えないのはさらに異常だ。

 

そんな精神が受け継がれていく以上、芸能界から同様のトラブルは無くならないのではないか。

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-エンタメ, ゴシップ, 話題
-,