衣笠さん死去で新聞テレビ欄の「縦読み」が泣ける

 

「鉄人」衣笠祥雄さんの死去から2日。

 

広島カープのお膝元、広島県民がいま、新聞のテレビ欄に注目している。

 

 

2018年4月25日夜、カープは横浜スタジアムで、横浜DeNAベイスターズと対決する。試合はRCC(中国放送)がテレビ中継するのだが、その紹介文が衣笠さんを悼む「縦読み」になっていると話題になっているのだ。

 

ツイッター「これは泣く」「グッときた」

RCCのスポーツ公式ツイッターは25日、新聞紙面を紹介しつつ、「頑張れ!カープ!」とつぶやいている。

ツイートの画像を見ると、たしかに左端が「縦読み」になっているようだ。

 

 

ぜひとも実物を見てみたいと思ったJタウンネット記者は、広島県のアンテナショップ「TAU」(東京都中央区)へ駆け込み、25日付の中国新聞を入手した。

 

最終面のテレビ欄を開くと、たしかに「さようなら鉄人▽受け継がれる忍耐!」と書かれていた。

 


中国新聞のテレビ欄(蛍光部分は編集部)

 

いまやスポーツ中継では、定番となりつつある「新聞の縦読み」。

気づいた人も多かったのか、読者からは「これは泣く」「グッときた」といった反応が出ている。

 

 

なおRCCの番組紹介については、縦読みだけでなく、最終行の「白星を天に捧ぐ」まで合わせて、衣笠さんに向けた「L字読み」なのではとの指摘も出ている。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, , , ,