大谷翔平「通勤カー」はたった200万円の韓国製

2018/04/22

 

マイナー契約のため、活躍しても年俸調停権を得る3年めが終わるまでは、約6000万円の年俸は変わらないーー。

 

というのは、投打に大活躍で米国を驚かせている大谷翔平(23)のこと。

 

しかし、メジャーでは保有権があるうちに将来性のある若手を引き留めようと、長期大型契約を結ぶ傾向があり、

「今季途中に契約延長の可能性が高い」

と、メジャー評論家の福島良一氏は語る。

 

 

「もともと大谷はメジャー契約ならば、10年総額300億円が基準といわれていました。そして、それに見合う実力を示している。今年オフにFAのブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ)の契約は、米国スポーツ史上最高額となる10年400億~500億円になると報じられています。

僕は大谷がそれと同じような契約を結んだとしても驚かない。ベーブ・ルースでも投げる球は遅かったといわれているなか、大谷は投げては160キロの速球、打っては140メートルの本塁打。メジャーの歴史で、このような選手は誰一人いなかったわけですから」

 

 

活躍で上がるのは年俸だけではない。

 

「球場の入場料や飲食、グッズの売り上げ、放映権料といった球団収入などの直接効果、そして商品の卸し元やその従業員たちがもたらす消費の波及効果を加えて算出した経済効果は、エンゼルス入団直後で約207億5000万円です」(関西大学名誉教授・宮本勝浩氏)

 

 

そうした喧騒とは無縁であるかのように、大谷の “ふだん” は変わらない。

現在、大谷の本拠地への交通手段は、球団から与えられたレンタカーだ。

 

「車は選手のリクエストで決まる。大谷の場合は、200万円ほどの『ヒュンダイ』のセダン。球団ももっといい車を、と言ったほどだ。免許を持っていないので、運転は日本人通訳がしているのだが、後部座席でエラそうにするのがイヤだからと、乗るのは必ず助手席。

質素な生活は日ハム時代からで、月の収入は両親から渡される小遣いの10万円だけ。それもほとんど使わず貯金している。大好物はいまでもコンビニのこしあん入りクレープだ」(担当記者)

 

 

キュートだと人気の大谷だが、質素な素顔が知られれば “翔ガール” たちの評価もさらに上がる。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,