最強官庁の傲慢と「女」使うマスコミの時代錯誤

 

最強官庁「財務省」の事務方トップである次官による女性記者へのセクハラがほぼ認定された。

 

福田氏は強く否定していたが、テレビ朝日が19日未明に記者会見を開き、同社の女性記者がセクハラ被害を受けていたと発表した。

この問題で改めて明らかになったのは財務省の傲慢さ、そして今も「女」を武器にネタをとろうするマスコミの浅ましさだ。

 

 

初めてこの騒動の報道を目にしたときは驚いた。

今時こんなに酷い官僚がいるのかと。記者時代に多くの官僚を取材したが、さすがにここまで酷い言動は見たことも聞いたこともない。

 

政治家と違って、官僚は結構ちゃんとしている。

特に財務省の官僚は「この国を背負っているのは自分たちだ」というエリート意識が強く、その分、自分の身もしっかり律している人が多い。

ネットなどでは音声データの「捏造説」が飛び交っていたが、私も「そうなのかな」と信じかけたくらいだ。

 

ただ、セクハラが事実だったと仮定すると、福田氏及び財務省の対応はあまりにも酷い。

 

福田氏は

「そんなやりとりはしていない」と全面否定して法廷で争う姿勢を示し、接客業の女性との会話だった可能性を示唆。

財務省はセクハラを受けた女性記者に名乗り出るよう求め、麻生財務相は「名乗り出ないと認定できない」と言い放った。

「財務省と対立してまで名乗り出る記者(会社)はいない」

と考えたからだろう。

 

 

事実、被害を受けた女性記者はテレビ朝日の上司に、記事にするよう求め、却下されている。

テレビ朝日は「二次被害を防ぐためだった」と言い訳しているが、実際には財務省との対立を避けるためだったのだろう。

 

 

「第四の権力」とも称されるマスコミがそこまで恐れるほど、財務省の力は強大だ。

ほかの役所は基本的にすべて横並びだが、財務省だけは違う。

 

各省庁が何か政策を実行するには必ず「予算」が必要で、その予算を握るのが財務省だ。



財務省がうんと言わなければ各省庁は何もできない。政治家も頭が上がらない。

だから権力が集中するし、いわゆる首相官邸や内閣官房、内閣府といったこの国の中枢も、事務方の主要ポストの多くを財務省出身者が占めている。

 

 

仮に財務省及び財務省出身の官僚がすべて取材を拒否すれば、政治・行政に関するまともな報道はできなくなる。

 

テレビ朝日が「ビビった」のも無理はない。

 

 

ただ、テレビ朝日にも非難されるべきことがある。

1年半にもわたって女性記者がセクハラを受けていたにも関わらず、それを見過ごし、守ろうともしなかったことだ。

恐らくその記者が「福田氏からそれなりのネタをとっていた」からなのだろう。

 

少なくともキャップや先輩記者たちは女性記者の取材方法を知っていたはず。

つまり、会社側は記者が「女」を武器に取材していたことを黙認していたことにほかならない。

 

 

実際に永田町・霞が関には若い女性記者が多い。

そして多くの女性記者は男性記者の努力をよそに、どんどん取材先に「食い込んで」いく。

そりゃあ、官僚だって政治家だって人間だ。

 

福田氏ほどのセクハラ男でないにしても、おっさんと話すより若い女性と話した方が気分いいだろう。

記者はネタをとるのが仕事なのだから、持てる武器はすべて使おうとするのが当然だ。

悪いのは記者が女を武器にして取材するよう仕向ける会社である。

 

モリカケ問題とは異なり、財務次官のセクハラ騒動は安倍政権の傲慢さとは関係がない。

 

政権打倒に「利用」するのではなく、財務省やマスコミの体質改善に「活用」すべきである。

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,