まるで映画のよう・・女性の上半身が機外に、乗客ら引っ張り戻す 米国機事故

 

米ニューヨーク発ダラス行きサウスウェスト航空のボーイング737型機(乗客乗員約150人)の左翼エンジンが17日(日本時間18日)、飛行中に破損して客室の窓ガラスが割れて緊急着陸した事故で、女性客1人が窓から機外へ吸い出されそうになった当時の状況が明らかになった。

 

 

上半身が機外に出た女性を乗客が機内に引っ張り戻したというが、女性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 

 

当局の発表や米メディアによると、ニューヨーク発ダラス行きの旅客機が高度約1万メートルを飛行中に左側のエンジンが大きな音を立てて大破し、飛び散った金属片でエンジン付近の窓ガラスや機体が損傷。

フィラデルフィア国際空港に通常の時速約250キロを上回る、時速約305キロで着陸した。

 

死亡した女性のほか、乗客7人が負傷した。

 

国家運輸安全委員会(NTSB)が事故原因を調べている。

 

死亡したのは、ジェニファー・リオダンさん。目撃情報によると、衝撃音の後リオダンさんが、ガラスのなくなった窓から吸い出されそうになった。

 

乗客の一人は

「彼女の胴体の半分が窓の外に出ていた。飛んできた金属片の直撃を受け、ひどく出血していた」

と米メディアに証言した。

 

乗客らが体を引っ張って機内に戻したがリオダンさんは意識不明で、心肺機能の蘇生など機内で救命活動が続いたという。

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-,