小倉智昭、財務省に「やり方が汚い」セクハラ被害者への呼びかけに激怒

 

キャスターの小倉智昭が17日、フジテレビ系「とくダネ!」で、財務省が福田淳一事務次官からのセクハラ被害を受けた女性に対し、名乗り出るように掲出した問題で

「汚いでしょう、やり方が」

と激怒した。

 

番組では、財務省の福田事務次官がセクハラ疑惑報道を完全否定したニュースを特集。

 

その中で、財務省が福田次官からセクハラ被害を受けた女性記者たちに名乗り出るよう、呼びかけたことも取り上げた。

これには作家で女優の中江有里が激怒。

 

「あり得ない」と切り出した上で

「週刊誌報道を信じるとすれば、(被害にあった)女性記者がいることになる。同意なく録音しているわけですから自社ではなく、新潮社に流したことになるのでその部分も責められてしまう。

そこを踏まえて出てこいというのなら、女性は職を辞する覚悟で出ないといけない。その後も注目を浴び、ネット上でリンチに近い行為を受ける可能性もある。そこまで考えるとちょっと考えられない。怒りを感じる」

 

と名乗り出た後のことも考えているのかと訴えた。

 

これを聞いた小倉智昭も

「本当に酷いと思うのは、俺は完全否定してるんだよ、じゃあ俺と話した人いるなら出てこいよ、ほら出てこないだろ?だから俺は何もやってないんだよと言いたいのが見え見え。汚いでしょう、やり方が」

と怒りをにじませ、

「女性が出てこなかったら、セクハラが無かったことになる」

と、女性記者が出て来づらい状況にも関わらず、名乗り出るよう呼びかけたやり方を非難していた。

 

 

一方、17日、麻生太郎財務相は閣議後記者会見で、事務次官のセクハラ疑惑に言及した。

 

「被害者が申し出てこないと、どうしようもない」

とし、女性が名乗り出ない限りセクハラを事実と認定できないとの考えを示した。

 

共同通信が報じた。

 

 

作戦通りなんですね・・・

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,