「火垂るの墓」ポスターに隠された意味 夜空の影は・・・

 

亡くなった高畑勲監督のアニメ映画「火垂(ほた)るの墓」(1988年)がテレビ放映されたのを機に、公開当時のポスターにネット上で関心が集まっている。

 

戦火で親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が、草むらの中に分け入り、束の間の蛍の乱舞を楽しんで...。

 

 

B29爆撃機のような影と焼夷弾のような光の玉

当時のポスターを見ると、こんな微笑ましい光景のようにも思える。

 

ところが、ツイッター上では、ポスターをよく見ると、背後に黒い影があるのが分かると、ここ数日大きな話題になっている。

 

 

その指摘によると、黒い影は、神戸大空襲にも参加した米軍のB29のような爆撃機の形をしていた。

さらに、蛍の乱舞のように見えた光の玉は、その一部が米軍の落としていった焼夷弾らしいというのだ。

実際、光の玉は、丸い形や流線型の形もあって、色も少し違っていた。

 

 

指摘したツイートは、13万件ほども「いいね」が押されており、大きな反響を呼んだ。

 

ツイッター上では、

「知らんかった」

「うわほんとだ 上にいる」

「そういうことだったなんて...」

などと驚きの声が次々に上がっている。

 

 

それで、映画のタイトルに火が垂れるという表現をかけているのか、といった声も出た。

ネット掲示板では、英語版のポスターの写真も投稿され、それを見ると爆撃機の姿が分かるとの指摘もあった。

 

 

「当時を知る人が少なく、確証が得られない」

火垂るの墓は、主人公の兄妹が、親を亡くして防空壕で暮らし始めるが、栄養失調で妹が亡くなり、残された兄は街中をさまよって...というストーリーだ。

 

原作が作家の故・野坂昭如さんの短編小説で、テレビドラマなどにもなっている。

 

悲しいストーリーだが、ポスターだけは、つかの間の美しい光景を描いたものと思われていたようだ。

しかし、爆撃機や焼夷弾なども描かれているらしいと知って、ポスターへの見方も変わったといった声がネット上で出ている。

 

話題は海外にも拡散し、台湾のネットメディアなどでも取り上げられた。

 

このポスターは公開当時作られたものの一つと見られるが、アニメを制作したスタジオジブリは4月16日、ポスターについて、

「当時を知る人が少なくなっており、確証を得られるものがありませんので、お答えは控えさせて下さい」

とJ-CASTニュースの取材に答えた。

 

 

映画を手がけた新潮社は16日、

「文庫版は弊社から出ていますが、弊社の方では分かりかねます」

と出版部が取材に答えた。

 

 

確かにポスター上部にB-29の姿が見えますね。

 

 



-いい話, 話題
-,