退社を発表した「渋谷すばる」生の姿は会見で見納め?

 

関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が15日、都内でメンバーとともに会見し、今年末でジャニーズ事務所を退所すると発表した。

 

グループも脱退する。

年内まで契約が残るのに、渋谷が5大ドームツアーに出演しない理由について、関係者は「残るメンバー6人の決断」と説明した。

 

渋谷は責任を果たすため出演する考えもあったが、自身に決定権はないと考え、6人に判断を委ねたところ

「ツアーは15周年の幕開けでもある。6人で前を向いていく姿をファンに見せるべきなのでは」

との結論に達したという。

 

現時点で、渋谷の卒業公演などの予定はなく、生の姿はこの日の会見で見納めになる可能性もある。

 

 

「この人になりたいのいうのは特にない。自分なりの表現をしていきたい」

と話す渋谷は、ジャニーズ事務所のなかで目標とする先輩を聞かれるも

「目標とする方がいたら、辞めてないと思います」

と苦笑しながら言い放つ場面も。

 

昨年解散した先輩・SMAPの影響や先輩に相談したかどうかについても「まったくないです」と自らが考えて出した決断であることを強調した。

 

渋谷は1997年にジャニーズ事務所に入所、2005年に関ジャニ∞としてCDデビュー。

シングル1位獲得作品数は35作 (※エイトレンジャー名義作品を含む)、5大ドームツアーを行う人気グループに成長してきた。

 

そのなかでもメンバー随一の歌唱力を持つ渋谷は2015年ソロデビューを果たした。

 

しかし、「35歳を過ぎたあたり」から音楽活動専念を考え始め、今年2月15日に脱退をメンバーに申し入れ。

 

幾度となく説得や協議を重ねて、最終的な話し合いの期限を丸山隆平が出演する舞台の大阪公演から帰京する4月10日に設けたが、音楽活動に専念したいという想いは揺らぐことはなかったという。

 

今後、関ジャニ∞はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(5月30日発売)を控えているが、同アルバムが7人体制最後のリリース。

 

15周年イベントは来年8月まで継続するが、7月15日、札幌公演からの5大ドームツアー『関ジャニ’s エイターテイメント GR8EST』は6人体制で行っていく。

 

渋谷は詳細はまだ未定としながらも海外で語学も含めて可能性を模索していく。

 

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, ,