光浦靖子のバイト道「20回クビになって最終的に化石発掘に」

2018/04/14

 

オアシズの光浦靖子が、4月2日配信の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で過去にアルバイトを20回クビになったことを明かした。

 

「ブスがクビになった」のテーマで、光浦は

「私は、ずっとクビになり続けていた。これまでにバイトは20種類くらいやっている。ウエイトレスをやりたくてやったけど、『いらっしゃいませ』が、どうしても恥ずかしくて言えなくて……」

とシャイな素顔を告白。

 

 

この話にMCのおぎやはぎ・矢作兼は「そんな人が、芸人をやっているのはすごい」とツッコんでいた。

 

すると、光浦は

「バイトは適材適所でやらなきゃだめ! 私は、めぐりめぐって最終的に『化石発掘』にたどり着いた」

と明かした。

 

 

バイトの思い出について光浦は、2015年3月1日公開のマイナビニュースで挨拶のタイミングがわからなかったことを語っている。

 

「ドアを開けて一歩入ったところで言うのか、もうちょっと入ったときに言ったほうが伝わるんじゃないかとか。声量もいい具合に出ないしで、そんなんで悩んでたら『辞めてくれる?』って。

自分では真面目にやってたんですけど、もういちいちドキドキしちゃって、もうびっくりするようなミスばっかり起こしてましたね」

 

 

当時の光浦は人の目も見られないような状態だったが、友人の大久保佳代子をお笑いサークルに誘う。

 

当初は裏方志望だったが、先輩の

「ブスとブスがはしゃいでるだけでおもしれえんだよ!」

の言葉がきっかけで、舞台に出ることに。

 

 

『アサヒ芸能』のテリー伊藤との対談では、光浦はこう話している。

 

「自分はどこで働いてもクビでしたから、人前で漫才をしたら、何かを乗り越えられて就職活動ができるかなと思ったんですよ」

 

 

バイトをクビになったことがコンビを組む一因となった光浦。

 

結局、就職活動もせずにそのまま芸人となった。

まさに人生何が起こるかわからないのだ。

 

 

 



-いい話, エンタメ, ゴシップ, 話題
-, , ,