玉木氏 首相秘書官の発言に激高

 

立憲民主党の枝野幸男、希望の党の玉木雄一郎両代表が11日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相との党首対決に臨んだ。

 

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画などを追及。

首相秘書官が飛ばしたやじに応酬し、場内が騒然となる場面もあった。

 

 

柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が計画を「首相案件」と発言したとされる愛媛県の文書について、首相は内容を否定。

 

これに対し、枝野氏は

「こんな具体的なものをでっち上げで作れるのか。柳瀬氏や首相がうそをついているとしか思えない」

と指摘。

 

柳瀬氏と文書を作成した県職員を証人喚問し、証言を突き合わせるよう求めた。

 

 

玉木氏は、昨年1月に新設計画を初めて知ったとする首相の主張が真実か、繰り返しただした。

福田康夫政権時にさかのぼって経緯を説明する首相に対し、玉木氏は

「答えていない。都合の悪いことがあるのか」

と不満をぶつけた。

 

 

玉木氏は、質疑中に首相秘書官が「違うよ」などの不規則発言を行ったとして

「秘書官がやじを飛ばすな」

と激高。

 

この後、記者団に

「犬は飼い主に似るという言葉がある。首相の傲慢(ごうまん)な姿勢が隅々まで行き届いている」

と言い放った。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,