【彦根警察官殺害】19歳巡査、配属2カ月…「交番で先輩を銃撃」背景に何が

 

「警察官が血を流して倒れている」。

 

11日夜、滋賀県警に衝撃的な一報がもたらされた。

 

事件現場は同県彦根市の交番。

病院に搬送された男性巡査部長(41)は頭部を銃撃され、死亡が確認された。

 

12日未明、身柄を確保され、殺人容疑で逮捕されたのは、同僚の19歳の巡査。

拳銃を持ったままパトカーで逃走したとみられ、県警は付近住民に外出を控えるよう呼びかけ、厳戒態勢を敷いた。

交番で一体何があったのか。前代未聞の事態に混乱と不安が広がった。

 

 

朝から2人で勤務

「パトカーが田んぼに突っ込んでいる」

11日午後8時15分ごろ、通行人の110番がすべての始まりだった。

 

 

場所は彦根市に隣接する滋賀県愛荘(あいしょう)町。管轄する東近江署員が現場に駆けつけた。

田んぼに落ちたパトカーは無人。

登録から、彦根署の河瀬駅前交番の車両だと分かった。

 

 

連絡を受けた彦根署員が同交番に向かった。

そこで椅子に座ったまま机に突っ伏し、頭部から流血している井本光(あきら)巡査部長を見つけた。

「警察官が倒れている」。

署員はすぐに119番した。

 

 

井本巡査部長の拳銃は交番にあり、弾はすべて装填(そうてん)されていた。

姿が見えない同僚の19歳巡査が容疑者として浮上。

この巡査と井本巡査部長は、11日午前8時半から2人で勤務していた。

 

 

「人間関係に何かあったのか」

 

 

県警本部では午後10時過ぎから、幹部が記者に対応。

「現在、警察総動員で捜査している。情報が入り次第、発表する」と繰り返した。

 

 

別の県警幹部は取材に「あり得ない事態。人間関係に何かあったのだろうか」。

 

男性巡査は平成29年4月に採用され、今年1月29日に彦根署に配属されたばかり。

配属から2カ月あまりしかたっておらず、県警幹部は「とにかくこれから大変なことになる」と言葉を絞り出すのがやっとだった。

 

 

「安全なはずの交番で…」

事件が起きた交番の入り口にはブルーシートがかけられ、鑑識活動を行う捜査員らが慌ただしく出入りした。

規制線の外には多数の報道陣や近隣住民らが集まり、一帯は騒然とした。

 

 

近くに住む自営業の男性(41)は、死亡した井本巡査部長について

「近所の子供が1人で遊んでいると、優しく声をかけて、家まで送ってくれるようなおまわりさんだった。とても驚いている」

と話した。

 

 

彦根市のタクシー運転手、真鍋美純さん(71)は

「午後9時すぎに駅前に来たら、交番前が大勢の人だかりで驚いた。犯人が警察官と知って、また驚いた」。

 

近くに住む20代女性は

「いつも駅前交番の前を歩いて歯科医院に通っている。交番前の道だから安全なはずなのに、恐ろしくて安心して歩けない」

と不安な表情で話した。

 

 

逮捕された19歳の巡査が身柄を確保された際、

「罵倒されたので拳銃で撃った」

などと話していたことが分かった。

 

警察は巡査が所持していた拳銃の捜索を続けている。

 

NHKニュースが報じた。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,