ディーン・フジオカ、“裸NG”で現場混乱

 

NHK朝ドラでのブレイクから3年。

 

俳優、ディーン・フジオカ(37)の人気に衰えは感じられない。

だが、ご自身は、身体の衰えが気になるのか。

 

近頃は、“裸”の露出にNGを連発。映画やドラマの制作現場を混乱させているという。

 

 

まずは、ドラマの現場から。4月開始の新ドラマ「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」(フジ)は、アレクサンドル・デュマ原作。

冤罪で15年間投獄された主人公を演じるディーンが、獄中生活を終え、復讐劇を繰り広げるという内容だ。

 

「大コケ続きのフジとしては、相当力を入れていますが、実は、ある注文がディーン側から入ったのです」

 

と言うのは、放送記者。

 

「それは、“裸のシーンはNG。番組宣伝でもグラビア取材はダメ”というものだったそうです。彼の右腕には獅子のタトゥーが入っているため、見せたくないというのが理由でした。

ただ、彼がタトゥーを入れていることは、すでに報じられているどころか、自身のSNSに画像を載せていたこともあるのです」

 

いまさら、何にこだわっているのか、不思議でならないというわけである。

 

 

困惑したという声は、映画の現場からも上がっていた。

5月に公開となる「海を駆ける」は、インドネシアの海岸に漂着した謎の男が、周辺で奇跡や事件を起こしてゆくというファンタジー。

 

ディーンは主人公の男を演じている。

 

 

“太っているから”

スポーツ紙記者が言う。

 

「映画は、ディーンが裸で海岸に漂着するというシーンから始まります。その場面で、所属事務所が“替え玉”つまり代役にしてくれと言ってきたそうです」

 

 

今回の“裸NG要請”について所属事務所は、「そのような事実はありません」と回答。

また、フジテレビは、「制作の詳細はお答えしていません」と答える。

 

だが、

「替え玉要請があったのは、間違いありません」

と声を潜めるのは、映画業界関係者だ。

 

 

「しかも、その理由は、“鍛え抜かれた体ではなく、太っているから見せられない”ということでした。重要なシーンですから、制作サイドはディーン側を説得したものの、折り合いがつかず、結局、一部、替え玉にしたというのです。

実際、完成した映画を見ても替え玉にしようがしまいが、何ら影響はないように感じたのですが、それでも彼は裸NGにこだわったのです」

 

 

映画配給元の担当者は替え玉の事実は認めつつも、太ったことによる代役起用については一切なかったと否定し、「監督もそのような理由での“替え玉”撮影に応じる方ではありません」。

 

 

では、なぜ裸NGなのか。

芸能関係者が解説する。

 

「彼は、昨年から俳優だけでなく、情報番組に不定期出演して、社会問題のレポートなどに手をひろげています。ゆくゆくは社会貢献や環境問題に取り組み、キャリアアップを図ろうとしているのです。そこへタトゥーや裸を出すことはマイナスだと考えたのでしょう。

別に彼が太っているなんて誰も思わない。本当に鍛えていないというのがNGの理由なら、役作りが出来てないことになり、俳優として問題ですよ」

 

 

ヘンにこだわると、本業を失いかねない?

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, ,