土俵で救命措置を施した女性「上がっていいですか」と確認していた

 

京都府舞鶴市で4日行われた大相撲春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命措置で駆け上がった女性に、日本相撲協会側が土俵を下りるよう求めるアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも、女性に向かって土俵を下りるよう協会員が直接指示していたことが5日、分かった。

 

 

土俵に上がった女性のうち、少なくとも1人は現役の看護師だったという。

 

あいさつ1分後に倒れ

 

 

関係者によると、多々見(たたみ)良三市長(67)は土俵上であいさつを始めて約1分後、あおむけに倒れた。

観客席にいた女性が土俵に上がって心臓マッサージ。

会場に待機していた救急隊員らがAED(自動体外式除細動器)や担架を持って駆け付けたという。

 

 

この際、場内アナウンスのほか、日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、手ぶりでも下りるよう指示。

多々見市長が運び出され、女性らも土俵から下りた後、土俵には大量の塩がまかれたという。

 

 

協会側はアナウンスについて、「人命に関わる状況には不適切な対応で、深くお詫びする」などと謝罪。

 

塩をまいたことについては

「土俵で骨折や大きなけががあった際の通例で、女性が土俵に上がったこととは関係はない」

と釈明した。

 

 

医師の市長が院長を務めた病院の看護師

 

関係者によると、最初に土俵に上がった女性のうち1人は、医師でもある多々見市長がかつて院長を務めた病院の看護師。

 

「市長が倒れ、いたたまれずに、とっさに土俵に上った」

と話しており、上がる際には「上がっていいですか」と、周囲に声をかけていたという。

 

 

多々見市長は搬送後、くも膜下出血と診断。命に別条なく、約1カ月の入院が必要という。

 

「女性の行動は勇気ある」

 

 

巡業実行委員会の河田友宏委員長(78)は

「女性の行動は勇気があり、適切な処置だった。アナウンスはわざわざすることではなく、理解しがたい」。

 

巡業の勧進元(発起人)を務めた四方八洲男(しかた・やすお)さん(78)も

「しきたりと人命、どちらが大事かといえば人命。大相撲は女性ファンが増えており、議論が必要」

と話した。

 

 

スポーツ文化評論家の玉木正之氏は

「伝統が本当に正しいか、時代に合っているかを考える必要がある。そもそも、相撲関係者がどれだけ伝統の意味を理解しているのか疑問で、おそらく教条主義的に『女性は土俵に上がってはいけない』としているのではないか」

と指摘した。

 

 

大阪府知事時代に、大阪場所で知事賞を8年間渡すことができなかった太田房江参院議員は6日、フジテレビ系「とくダネ!」で、土俵上で救護活動を行った女性達へ「拍手を送ります」と称賛。

 

相撲協会には、女性が土俵に上がることなどについて「ルール化」することを提案した。

番組では、大相撲舞鶴巡業で舞鶴市長が土俵上で倒れ、複数の女性が土俵に上がり心臓マッサージを行うなど救護活動を行ったにも関わらず、土俵から降りるようアナウンスした件について特集。

救護活動が終わったあと、土俵上に大量の塩がまかれたことも伝えた。

 

この一件について、インタビューに応じたのが太田議員。

 

太田議員は00年から2期8年、大阪府知事を務めたが、在任中、大阪場所での知事杯授与を土俵上で行いたいと訴えていた。結果、訴えは通らなかったが、今回の件について

「あの女性達、素晴らしい。そして同じ女性として誇りに思います。拍手を送ります」

と、女性の勇気ある行動を称賛した。

 

そして人命救助のために女性が土俵に上がったことに

「いい問題提起になったんじゃないかと思います」

と語り

「今回、ルール化して頂ければ、私は相撲協会の信頼回復に一役買うんじゃないかと思っています」

と、女性や救命活動に関する明確なルールを作ることを提案していた。

 

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,