大塚久美子社長の詭弁に株主唖然

 

父娘の「お家騒動」から早3年、アノ大塚家具にも株主総会の季節がやってきた。

 

2017年12月期、過去最悪の72億円の大赤字を垂れ流した大塚久美子社長(50)は、株主の前で何を語ったのか。

 

出席者の一人は「株主をバカにしているとしか思えない」と憤る。

 

さて、その理由は――。

***

 

3月26日の午前10時。東京・有明のとあるビルで開かれた株主総会には、110人の株主が出席。

淡い青色のジャケットを着た久美子社長は、株主からの批判に対して、終始淡々と受け答えしていたという。

 

 

出席者の一人が語る。

 

「彼女からはなんだか“熱”が感じられなくて、経営者っていうより経営コンサルタントみたいな話し方でした。ただ、よくよく聞けば、久美子社長の答弁はごまかしのオンパレード。特に、配当に関する質疑は、詭弁そのものでしたよ」

 

この出席者が言う“配当”については、改めて説明が必要だろう。

 

久美子社長は、就任時に「3年間、1株80円の配当を続ける」と株主に約束し、事実、一昨年と昨年については80円の配当が行われた。

しかし、今年は業績悪化にともない、半額の40円の配当となったのだ。

 

「とはいえ、この40円の配当も、とんでもない話なんです。久美子社長が父である大塚勝久前社長(74)と骨肉の争いを演じた2015年、その年の12月期には約110億円あった現預金が、わずか2年で現在は18億円にまで減ってしまった。にもかかわらず、配当のために7億円以上を使うなんて、どう考えてもおかしな話だと思います」(同)

 

であるからこそ、株主からも総会では株主からこんな質問が出たという。

 

 

「詐欺まがいの行為だ」

株主

大塚家具の一番の問題は、キャッシュが減っていること。にも関わらず、これだけの配当をする必要があるのか。

 

社長

この度の配当につきましては、今年度の業績の見通しをふまえて、資金面で問題ないと判断して、実行しております。

 

 

こう強がった久美子社長だが、出席した株主から言わせれば、

 

「今年度の業績の見通しが良いのであれば、それは来期の配当に回すべき。配当しすぎたせいで会社が潰れてしまったら、元も子もありません」

 

 

また、別の株主からは、次のような手厳しい質問も上がった。

 

株主

配当を40円に下げるのはおかしい。あなたは80円の配当を約束した。それを履行しないのは詐欺まがいの行為。筋が通らない。配当を下げるなら社長をやめるべきだ。

 

社長

2015年、確かに「3回、80円」という発表しております。その後、80円配当は2回しております。さらに、自己株取得(=自社株買い)をしておりますので、その観点で言えば株主還元というトータルなところでは……

 

株主

そんなことは関係ない。こちらは(自己株取得なんて)要求していない。

 

 

先の出席者は、こちらの久美子社長の答弁に関しても、こう指摘する。

 

「彼女が言いたかったのは、『大塚家具の株を自社で買い集めたので、市場に出回る株が減り、相対的に株主の持つ株の価値が上がった。だから株主にとっては、40円の配当でもトータルで見ればプラスマイナスゼロでしょう』ということ。

でも、自社株買いは取締役会で勝手に決めたことで、株価の下落を防ぐためにやっただけのこと。40円の配当とは全く別の話です。それを関連づけて我々株主を煙に巻こうとするなんて、バカにするもいい加減にしてほしい」

 

 

つまるところ、株主の2つの質問は、どちらも正論だ。

実際は、大塚家具は配当を出すこと自体厳しい経営状態である。

 

しかし、「3年間、1株80円」を約束した手前、半分の40円を無理して出すことに……。

もっとも、それでは納得しない株主がいるので自社株買いの話をこじつけて言い訳をする始末。

だから、こんな支離滅裂、こんなデタラメな答弁になってしまうのである。

 

「結局、株主総会は質問者がまだいたにもかかわらず、2時間ほどで無理やり打ち切られてしまいました。黒字の会社ならそれでもいいと思いますが、大塚家具は2期連続の赤字。大胆なリストラでもやらない限り、彼女もいつまで社長でいられるか」(同)

 

 

ここは一つ、親父と仲直りしてみては……。

 

いや、今さら遅いか。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,