救命の女性に「土俵下りて」、大相撲巡業で物議

 

京都府舞鶴市で4月4日、大相撲の春巡業・舞鶴場所で、土俵に上がった多々見良三市長が挨拶中に倒れる出来事があった。

 

観客席から女性数人が心臓マッサージに駆けつけ、その後、消防署員と交代、視聴は病院に搬送され一命を取り留めたが、このとき会場内に響いたアナウンスが物議を醸している。

当時の会場の様子は、YouTubeに投稿された動画などでも確認できる(https://www.youtube.com/watch?v=35aIqDTYOD8)。

 

動画では倒れた市長の周りを8~9人が取り囲み、2人の女性が必死に心臓マッサージ。

 

あとからもう2人の女性が手助けのため土俵に上がったが、会場では繰り返し

「女性の方は土俵から降りてください」

とアナウンスが響き、観客席からどよめきのような声が上がった。

 

大相撲では、土俵に女性が上がることを認めておらず、このようなアナウンスが流れたものと思われるが、Twitterなどネットでは批判の声が殺到。

 

「人命よりも形式が大事か」

「命を軽視する伝統なんているのか」

「必死の救命をしてくれている女性に、信じられない言葉」

「アナウンスがあっても救命をやめなかった女性は本当に尊い」

「なにはともあれ、市長さんご無事のようで良かった」

などの声が上がっている。

 

 

大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされており、この慣例に従ったとみられる。

 

日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は4日夜に謝罪のコメントを発表した。

相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)は「対応は早かったですよね」と示した。

横野リポーターはアナウンスした行司について独自取材し

「その時、パニックになっていたというんです」

とし、観客から

「かなりの怒号で女性を土俵に上げていいのかと言われて、行司さんたちもパニックになって、そういうアナウンスを2回入れてしまった」

とリポートした。

 

その上で「臨機応変な対応が一人一人に必要ですね」と示していた。

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,