「小保方晴子さん」と「昭恵夫人」に共通する悪性

 

元“リケジョの星”の34歳と、日本のファーストレディの55歳。

 

フィールドも世代も違う小保方晴子と安倍昭恵の両氏が、いま、注目を集めている。

 

試みに2人を比較・分析して見えてくるものとは。

***

 

共に“お騒がせ”な2人だが、文書改ざんが明るみに出たことによって注目されてしまった昭恵夫人に対し、小保方氏は自らスポットライトの下に出た感がある。

 

このほど『小保方晴子日記』(中央公論新社)を上梓し、「婦人公論」の4月10日号に登場したのである。

 

「今日を生きることにもう迷いはありません」

と題されたその記事では、日記を綴るに至った経緯などのほか、STAP細胞についてもこんな風に言及している。

 

〈研究していた当時から今に至るまで一貫して、私の思いは何一つ変わっていません〉

 

〈STAP細胞の未来に、あまり心配はしていません。この世に現象としてあるものはいずれ必ず出てくる。それが自然科学だと考えているからです〉

 

思いは変わっていないという小保方氏だが、顔は変わっていた。

「婦人公論」がなにより話題を呼んだのは、記事と共に掲載された2枚の近影のためだった。

やはり2年前にも同紙に登場、その時は瀬戸内寂聴氏と対談していたが、それと比べても痩せている。

 

 

「“輪郭が変わった”といった方がいいくらいの変わり様。撮影した篠山紀信さんの“腕”とかいうレベルじゃない。そんな彼女が目を見開いて、こちらを見つめていて……。

SNSでは『顔の細胞が生まれ変わる』なんてネタにされています。大きなリボンとフロントを貫くジッパーの衣装もインパクト大で、こちらはGUCCIの20万円するワンピースだと特定されていました。いずれにせよ、割烹着を着ていた頃とは隔世の感がある。

STAP騒動で自殺した元理化学研究所の上司・笹井芳樹氏の遺族は、どんな思いでこれを目にするのでしょうね……」(雑誌記者)

 

 

騒動をめぐって自殺者が出たのは、森友学園のケースも同じ。

 

にも拘わらず、昭恵夫人は籠池夫妻との3ショットを自らのFacebookから削除すらせず、もちろん証人喚問になど応じる気配ナシである。

 

財務省の職員が自殺したとの報が流れてから3時間後にSNSを更新し、登壇したイベントでにこやかに笑う写真を世間に公開したその“空気の読めなさ”は、「週刊新潮」3月22日号でも言及したとおりである。

 

 

悪性のナルシシズム

素人目には“注目されたい”そして“私は悪くない”の意識が透けて見える2人だが、専門家はどう分析するのだろうか。

 

精神科医の片田珠美氏は、6つの共通項目を挙げる。

 

「まず『自己顕示欲の強さ』。そして『想像力の欠如』。『現実否認』と『状況判断の欠如』もそうですし、あと昭恵さんに強いのが『自覚の欠如』です。想像力の欠如とも関連しますが、自分がどういう立場である人間か分かっていません。そして何よりお2人は『罪悪感の欠如』があるといえるでしょう」

 

もう少し詳しく解説して頂くと、

 

「要するに、2人とも無自覚に行動して罪悪感がなく、自身の行動が、周囲にどんな影響を与えるか、理解していない。無自覚というのは、昭恵さんでいうならば“首相夫人としてどれほどの影響力を持っているか”というところの話です。

そういう意味では、迷惑な人たちではある。それぞれ自殺者を出す事態を招いたにも拘わらず雑誌やイベントに顔を出したりして、自重していませんしね」

 

 

一方、昭恵夫人と小保方氏では、こんな点が異なるという。

 

「パーソナリティは違うかなという気がします。アメリカの精神科医であるM・スコット・ペックは、『平気でうそをつく人たち』という著書で、彼らは“悪性のナルシシズムの持ち主だ”と指摘しています。ドイツの社会心理学・精神分析学者のエーリッヒ・フロムも“悪性のナルシシズム”について書いていて、その特徴として『補正要素がない』『現実からどんどん分離していく』ことを挙げています。

これは小保方さんに当てはまる。つまり“STAP細胞が存在しない”と認定され、博士号が取り消されれば、普通は反省しますよね。それが彼女には全くない。

あくまで“自分は正しいのに、理研や早稲田大学から圧力をかけられた”という被害者の立場なのです。その点、昭恵さんには“悪性のナルシシズム”は見られない。むしろ“良かれと思って”動く彼女は『週刊文春』の見出しにもあった『善意の怪物』です」

 

 

“エリート”と“落ちこぼれ”

2人ではまた、「学歴」も異なる。早稲田大学の大学院まで進みハーバードのメディカルスクールに籍を置いた小保方氏が“エリート”であるのに対し、昭恵夫人は聖心女子学院高等学校から、専門学校に進学。

 

「誤解を恐れずにいえば“落ちこぼれ”ルートで、そのコンプレックスは根深い」(政治部記者)という。

この辺りの差位はどうなのだろうか。

 

『高学歴モンスター』(小学館新書)という著書がある片田氏は、

 

「その特徴のひとつに、『強い特権意識』があると私は書きました。つまり高学歴なのだから、自分は少々のことは許される、と。まして小保方さんは女性の少ない理系の環境にいましたから、この要素は強いでしょうね。

その点、昭恵さんにそれはないと一見思われるかもしれませんが、彼女は『首相夫人』という、学歴とはまた異なった“特権”を持っているわけで、それに基づく行動がたびたび見られますね。にもかかわらずその影響力について想像力が足りないので、問題を引き起こしているわけですが」

 

 

「週刊新潮」が報じてきただけでも“支援するイベントに協力するよう文科省に協力を求めた”とか“元暴力団組長と原発20キロ圏内に侵入”といったエピソードに事欠かない昭恵夫人。

 

そもそも森友問題も、そんな特権意識による行動が発端ではなかったか。

 

いずれにせよ「反省」「謝意」なき2人。

 

先に名が挙がったフロムは、こう言っている。

 

 

「自分自身を信じている者だけが、他人に誠実になれる」と……。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,