藤井聡太六段、詰将棋解答選手権で圧巻の4連覇

 

将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が3月25日、東京、大阪、名古屋の3会場で行われた第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、大会初の4連覇を達成した。

 

午前、午後でそれぞれ5問を90分、計10問を解く時間や正解具合と100点満点で競うもので、藤井六段は午前の5問をトップの55分で全問正解し、満点の50点でクリア。

 

午後は90分をフルに使いまたも全問正解し50点を獲得、合計でも満点の100点を獲得。

 

トップ棋士も参加する大会で、小学6年生から驚異的な4連覇を飾った。

 

大会には谷川浩司九段、斎藤慎太郎七段など多数のプロ棋士、アマチュア、女流棋士ら過去最多の105人が参加。

 

最多で39手詰の難問に、藤井六段は午前トップで退室すると、午後も51分ごろには解答を作り、残りの時間を確認作業にあてていたようだ。

 

 

やはり速くて強かった。

 

小学生だった藤井少年が、将棋界で一気に名を広めたのが、この詰将棋解答選手権大会。

アマチュアはもちろんプロの棋士でも頭を悩ませる難問に、8歳で初参加したことで話題となった。

 



さらに12歳で初優勝し、2016年に四段に昇段しプロ入りする前から、詰将棋に培われた終盤力の実力はお墨付きだった。

 

対局でのスーツ姿もすっかり馴染んできた藤井六段だが、この日はカジュアルな服装で、趣味にもしている詰将棋に挑戦し笑顔も見せた。

 

棋士としては2017年度の勝率、勝数、勝率、連勝の4部門を独占し、最年少のタイトルも期待される藤井六段。

 

詰将棋においては、出場する限り連覇の記録が続くことになりそうだ。

 

 

藤井聡太六段のコメント 今年はまったく自信がなかったので、このような結果になって驚いています。

 

毎年参加しているものなので、プレシャーとかはないです。

 

今年も素晴らしい作品に出会えて、うれしく思っています。

 

 

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-, , ,