空気が読めない「アッキ―」優雅なる日々

 

3月9日午後3時34分。財務省の職員が自殺したとの一報が流れてから、わずか3時間あまり。

 

安倍昭恵総理夫人は笑っていた。

 

正確に言えばSNSのフェイスブック上で……。

 

たとえ亡くなられた方と面識はなくとも、不謹慎との誹りは免れないだろう。

 

そんなアッキーの優雅なる日々とは。

***

 

SNSを駆使しアッキーは日々の活動を紹介してきた。

いくら疑惑の渦中にあっても、それに絡み人一人の命が失われても、その姿勢が変わることはない。

 

今も日記を更新し続ける彼女の口から、お悔やみの言葉は聞こえてこないのだ。

「自殺報道が出る数時間前から、その噂は永田町で駆け巡っていたんです」

とはさる官邸関係者。

 

ましてや総理夫人の耳に届かないワケがないと続ける。

「昭恵夫人には、森友問題で脚光を浴びた総理夫人付きの女性職員が、省庁から派遣されてサポートしています。頻繁にSNSでやり取りを重ねる彼女ですから、日本中で大騒ぎになっているニュースを見逃すとは到底考えられません。自民党からも、“どうか大人しくしてください”とお願いされていたようですが」

 

で、件のアップされた写真は、自殺報道が出る前日8日の「国際女性デー」に、アッキーが都内各所で行われたイベントに参加した様子を紹介したもの。

 

恵比寿ガーデンプレイスで行われた「HAPPY WOMAN FESTA2018」では、シークレットゲストとして登壇したという。

 

 

「主人がお茶を沸す」

実は直前まで参加者のみならず報道陣にも、昭恵夫人の来場は明かされなかったと明かすのは、あるキー局のディレクターである。

「昨年もアッキーはこのイベントに参加しましたが、報道陣が殺到し罵声も飛び交った。それで今回は、昭恵夫人たっての希望で事前告知はしなかったそうです」

 

 

その甲斐あってか、会場では森友問題に触れられることは一切ナシ。

 

それで気をよくしたのだろうか。居合わせた参加者によれば、

 

「冒頭、昭恵さんは『パートナーシップ』をテーマに15分ほど講演をしたんです。その中では、“最近は私が家事をやらなくても、主人が洗い物とか簡単な家事を手伝ってくれる”なんて、総理との円満な暮らしぶりを披露していました」

 

 

別の参加者はこうも言う。

「以前は、昭恵さんがお茶を沸し総理の水筒に入れていた。ところが、最近はお茶を淹れなくなったとかで“主人がお茶を沸してくれるようになったんですよ”と微笑んでいましたね」

 

こんな日々をお過ごしでは、たとえ総理がピンチであろうと空気が読めないのは、頷けるというものだ

 

 

自分の立場を全く理解できていない人なんですね。

最近、彼女の笑顔をみると、この人「アホか!!」(失礼)と思ってしまいます。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,