大坂なおみ「くじ運の悪さ継続中」

 

女子テニスシングルス世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は現地時間20日に行われるマイアミ・オープン1回戦で、憧れの女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)といきなり激突することが決まった。

 

 

BNPパリバ・オープンで自身初タイトルを獲得した大坂は1回戦の元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)を皮切りに、準決勝で現1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)まで大物を撫で斬りにしてきた。

 

マイアミでも初戦で優勝8度のレジェンドを引き当てたナオミの運命に、WTA公式サイトは

「ナオミのくじ運の悪さは継続中」

とスポットライトを当てている。

 

 

女子テニス界夢のマッチアップはあまりに早く実現してしまった。

「マイアミのドローを分析する 新チャンプ、オオサカはセリーナと初対決へ」

と特集したのはWTA公式サイトだった。

 

 

記事では

「マイアミのドローが発表され、BNPパリバ・オープンの王者、ナオミ・オオサカと優勝8度のセリーナ・ウィリアムズとの衝撃の1回戦の対決がハイライトとなることになった」

とレポート。

 

20歳の新星とグランドスラム優勝23回で昨年の女児出産から復帰2戦目となるレジェンドとの激突に注目している。

 

そして特集ではジャイアントキリングを続け、初優勝を飾った大坂の“ある運命”をクローズアップしている。

 

「ナオミ・オオサカのくじ運の悪さは継続中」とし、初戦でセリーナを倒すことができたとしても、2回戦では世界ランク4位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)という強敵が待っていることを伝えている。

 

大坂はインディアンウェルズで初戦で妖精シャラポワを撃破。

 

2回戦では元世界ランク2位のアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を倒すなどノーシードゆえに、序盤から大物との対戦が連続していた。

そして、今回はいきなりのセリーナ戦。

 

大坂にとっては憧れの存在だ。

 

「基本的にプレーしたい選手は3人です。ビーナス、マリア、セリーナ。2人とは対戦できました。だから、今はただセリーナと戦うのが楽しみなんです。心待ちにしています」

 

インディアンウェルズでシャラポワ相手にストレート勝ちを収めた直後、大坂はこう語っていたという。

 

シャラポワ、ビーナス・ウィリアムズ相手にすでに勝利を飾っている大坂にとって、子供の頃に憧れた3人で残されたのはセリーナだけのようだ。

 

また昨年末、大坂のコーチに就任したサーシャ・ベイジン氏は長らくセリーナのヒッティングパートナーを務めていたことでも有名だ。

 

一方、産休明けで2戦目となる絶対女王にとっても絶好の機会になると指摘している。

 

記事では

「セリーナの立場からも、ツアーで現在最もホットな2人と戦う偉大なチャンスとなる」

とし、大坂に勝っても難敵スビトリナが待つ状況を完全復活に向けた大きな舞台としている。

 

 

テニス界が大注目し、大坂が熱望したアイドル対決。

 

「ベイビー・セリーナ」とも呼ばれた大坂は憧れの存在にその実力を示すことができるだろうか。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,