新宿署の23歳女性巡査が暴力団組員と交際

 


警視庁本庁舎玄関=東京都千代田区

 

交際していた暴力団の男性組員に捜査情報を漏洩(ろうえい)したとして、警視庁は19日、新宿署の女性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にするとともに、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検した。

 

 

女性巡査は容疑を認めており、同日付で依願退職した。

 

警視庁によると、女性巡査は暴力団事件などを担当する同署組織犯罪対策課に平成29年7月から勤務。

業務中に30代の組員と知り合い、11月下旬から交際を始めた。

この組員は同署管内で起きた暴力団同士のいさかいの当事者として捜査対象となっており、女性巡査も把握していた。

 

 

12月に組員から「自分が捜査対象の事件はあるか」と尋ねられ、女性巡査は

「交際が発覚したら警察官を辞めなければならない。情報を教えれば黙ってくれるのではないか」

と思い、捜査書類を閲覧。

自分の携帯電話から捜査の進展状況などを組員に伝えた。

 

今年1月下旬に組員から金銭の無心が相次ぎ、女性巡査は交際を解消した。

 

2月に交際の風評が広まり、調査の結果、女性巡査が情報漏洩を認めた。

警視庁は情報漏洩はこの1件だけとしている。

 

 

警視庁の土屋暁胤(あきつぐ)警務部参事官は

「警察への信頼を失墜させる行為で厳しく処分した。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努める」

とコメントした。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,