大坂なおみのスピーチに海外喝采

 

テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、女子シングルス決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)に6-3、6-2でストレート勝ち。

 

悲願のツアー初優勝を飾った。

 

優勝スピーチでは天真爛漫なナオミ節ぶりが炸裂。

段取りをすっかり忘れ、「史上最悪のスピーチかも」と自虐発言も飛び出した130秒の“笑撃スピーチ”をWTA公式ツイッターは動画付きで紹介。

 

海外ファンは「逆でしょ、史上最高!」「愛さずにいられない!」と喝采を送っている。

 

 

インディアンウェルズを席巻したナオミ旋風は、試合後まで強烈だった。

優勝スピーチの晴れ舞台。

パワフルなテニスでキャリア初Vまでたどり着いた大坂は、最後まで“自分らしさ”を失わなかった。

 

「ハロー、私はナオミです。OK、気にしないで」――。

 

冒頭から「ハロー」の第一声で、自己紹介する珍しい展開に騒つく観衆。

何よりも、慣れないスピーチにうろたえ、大坂自身が誰よりも笑っていた。

 

トーナメントディレクターらに感謝の気持ちを表明したが、真っ先に称えるべき相手を失念していたことに、すぐに気づいた。

「しまった。ごめんなさい。私はダーシャ(カサトキナの愛称)にも感謝したいです」。

 

後ろに立っていた対戦相手を振り返り、慌てて称え始める急転換ぶりに、カサトキナも思わず笑い出してしまった。

 

「スーパーナイスで本当にクールな対戦選手でいてくれて。今後、何回も決勝で対戦できることを本当に確信しています。そう願っています」

と軌道修正に成功。

 

「ダーシャのチームにも感謝しています。なぜなら、スーパーナイスだったからです。おめでとう」

と続けた。

 

その様子を大坂のベイジンコーチは固まった表情で、ただただ心配そうに見つめていた。

 

 

まさかの自問自答「何か忘れてないかしら…私は何かを忘れてないかしら…」

自身の陣営、家族に感謝の言葉を述べた大坂は、完全に軌道に乗ったかに見えたが、「何か忘れてないかしら……」と自問自答し、「スポンサーにも感謝しないと!」。

 

「アディダス、日清食品、WOWOW、あとは……ヨネックス!」

とノルマクリアに両手の親指を思わず挙げると、観衆もほほ笑んだ。

 

「何か忘れてないかしら……私は何かを忘れてないかしら……ボールキッズ! ボールキッズはスーパーに最高だったわ」

と大会を支えた少年少女に感謝すると、再び拍手喝采が巻き起こった。

 

 

そして、クライマックスに全米で絶大な人気を博すナオミ語録が飛び出した。

「これは、おそらく史上最悪の受賞スピーチになりそうです」――。

 

満面の笑みで自虐発言を繰り出すと、スタンドもこの日一番の大爆笑に包まれた。

 

「この試合に来ていただいた皆さんに感謝したいです。本当にありがとうございました」

と感謝の拍手を送ると、ナオミ節を堪能した観客もスタンディングオベーションで称え、

「これで終わりだと思います。ありがとうございました」

と締めくくった。

 

 

ひたすら合間に笑い続け、最後まで天然ぶりを貫いた130秒の大坂のスピーチを、WTA公式ツイッターも動画で一部始終を紹介。

 

そして、

「これはおそらく史上最悪の受賞スピーチになりそうです――BNPパリバ・オープンの王者ナオミ・オオサカ、我々は異議を唱えますよ!」

と“最悪にあらず”とフォローしていた。

 

 

抱腹絶倒のスピーチを目の当たりにしたテニスファンから返信欄で、称賛の声が集まっていた。

 

 

ファン喝采「史上最高に愉快なスピーチ」「彼女はラケットで語るタイプ」

「逆でしょ、史上最高だ!」

「どちらかと言えば史上最高に愉快な受賞スピーチ。彼女のことを好きにならずにいられない」
「ナオミのぎこちなさもただただ愛してる」

「おおお! 大いに笑ったよ! ナオミは最高。こんなにたくさんの人の前でスピーチすると、どうなるか想像してしまったよ」

「彼女を愛さないことは不可能」

「彼女はラケットで語るタイプ」

「あなたの素晴らしいパフォーマンス同様に受賞スピーチも大好き」

「ナオミを見るのは清々しい気持ちになる。本当の本物ね。愛してる」

「なんて可愛い女の子、おめでとうナオミ」

「心から話したら、スピーチはこうなるのでは。未来のトップの選手2人がここに」

「ハハハ、彼女はスーパーキュートじゃないか」

「ぎこちなさ女王だけど、大好き」

「宝石ね。公の場で緊張してしまう人々にとっていい手本になったと思う」

「誠実さとピュアさを愛さずにいられない。謝罪の必要なんてないんだ」

 

 

力強いパフォーマンスと天然トークのギャップの激しさも大坂の魅力。

 

伝説のスピーチで世界のテニスファンの心をがっちりと鷲掴みにした。

(THE ANSWER編集部)

 

 

愛すべき選手ですね。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,