「今回の会見は醜悪 」パワハラへの認識が甘かった至学館の学長に苦言

 

「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」――

レスリングのパワハラ問題で、至学館大学・谷岡郁子学長が衝撃の会見をおこなった。

 

この会見から、パワハラとは何か、なぜ起こるのか、根深い構造を知ることができる。

 

大相撲をはじめとする暴力やパワハラについてたびたび論じてきた筑波大学教授の原田隆之氏が、この問題を考察する。

 

 

相撲の世界と似ている

まるで、デジャブを見ているかのようだった。

 

レスリングの伊調馨選手へのパワハラ問題で揺れる、至学館大学の谷岡郁子学長の会見を見たときの第一印象だ。

 

それは、つい何ヵ月か前に繰り返しテレビで流れた、力士への暴行事件を受けての相撲協会の危機管理委員長や、同評議員会の池坊保子議長の会見を彷彿とさせるものだった。

 

どちらにも共通するのは、組織を守りたいというあからさまな姿勢が前面に出て、弱い立場にある個人への思いやりや敬意が微塵も感じられないことであり、甚だしい人権意識の希薄さだった。

 

こういう人がトップを務め、似たような考えの人々が取り囲む組織では、パワハラが起きても何の不思議でもないと感じさせる会見だった。

 

 

伊調選手へのパワハラの経緯

ここで、伊調選手へのパワハラ問題のこれまでの経緯を簡単におさらいしてみたい。

 

今年1月、レスリング関係者が代理人の弁護士を通して、内閣府公益認定等委員会に宛てて、日本レスリング協会の強化本部長であり、至学館大学レスリング部監督の栄和人氏が、伊調馨選手に度重なるパワハラをしていると告発状を提出した。

 

告発の内容によれば、栄氏は、強化本部長の地位を利用して、伊調選手やそのコーチに不当な圧力をかけ、伊調選手は練習もままならない状態に追いやられているという。

 

この件が明るみに出た後、日本レスリング協会は、「そのような事実はない」と否定するコメントを出した。

また、栄氏本人も「そのような覚えはない」と否定したが、その後心労から体調を崩して療養中であるという。

 

 

被害者を悪者にする記者会見

こうした流れを受けての谷岡学長の会見であったわけだが、終始一貫していたのは、「今回の騒動で迷惑している」という怒りだった。

 

 

メディアの取材攻勢や、苦情の電話、メール、さらには嫌がらせ行為などで、レスリング部の学生の練習に支障が出ているということを、怒りも露わに述べていた。

 

もちろん、何の罪もない学生にまで、嫌がらせ行為が及んでいるのだとすれば、それは断じて許されない行為である。

 

最近は、社会の耳目を集める事件や問題が生じると、ゆがんだ「正義感」を振りかざして、匿名でいわれのない非難や中傷を繰り返すという卑劣な行為が多いことは、本当に嘆かわしい。

 

大学の学長として、学生を守ろうとする姿勢は共感できるし、それは当たり前の姿勢だと思う。

 

しかし、それはそれとして、この会見で大きな違和感があったのは、ハラスメント被害者の可能性のある伊調選手に対して、思いやりの姿勢がまったく感じられなかったことだ。

 

特に批判が集まっているのは、伊調選手が東京五輪での5連覇を目指すことを明言していないことを指して、もはや選手であるとは認めないというような趣旨の発言をしたことだ。

 

そこには、アスリートへの敬意のかけらもない。

この発言自体が、ハラスメントであると言っても過言ではないだろう。

 

 

その一方で、栄氏に対しては、その体調を気遣いながら、

「彼がハラスメントなどをするはずがない」

と述べるなど、終始擁護の姿勢が一貫していた。

 

 

ここではっきりしておくべきことは、現段階ではハラスメントの告発があったというだけであり、関係者のヒアリングが進んではいるが、黒白がはっきりついたわけではない。

 

したがって、栄氏の立場も十分に守られなければならないのは当然である。

 

とはいえ、栄氏側の言い分だけに与して、被害者とされている伊調選手の言い分も聞かず、まだヒアリングや調査が終わっていない段階で、端から「ハラスメントなどあるはずがない」と決め受け、一方的な態度に終始する姿は、中立性を欠いているだけでなく、異様であった。

 

 

この点が、冒頭に述べた「デジャブ」の大きな原因だ。

 

相撲協会の暴力事件でも、加害者である横綱など、強い立場の者の主張にだけ歩み寄り、弱者である被害者の主張を一顧だにしないばかりか、「被害者側の態度に問題があった」などと、被害者に責任転嫁しようとする態度に大きな批判が集まったのだった。

 

 

そもそもハラスメントとは何か

一般的に、パワーハラスメントは、職場で起きることが多い。

 

厚生労働省は、職場のパワーハラスメントについて、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

と定義している。

 

 

この定義では、まずそこには上下関係や力の優劣があるのが前提だ。

そして、これを広く援用すると、職場の上司と部下関係だけでなく、指導者と選手、教師と学生などにも当てはめることができる。

 

このような関係では、下の立場にある者は、常に上下関係を感じている。

勤務評定や成績評価など、自分の利害に直接かかわる事柄を握られているからだ。

 

 

さらに、気に入ってもらえれば、さまざまな便宜を図ってもらえるかもしれないし、逆に嫌われてしまったら、自分の立場が悪くなってしまうかもしれない。

 

これは、上の者が下の者に対し、普段からどれだけ優しく平等に接しているか、どれほどのパワーを実際に握っているかなどとは一切関係がない。

 

どんなに優しい上司であっても、さほどのパワーのない指導者であっても、下の者は必ずいつも心理的な負荷を感じている。

これは立場の違いが厳然として存在する以上、どうしようもないことである。

 

 

したがって、上に立つ者は、いつも下の者の視点に立って、現実に存在する力関係や、適切な範囲を逸脱しないように、そして逸脱しているととらえられないように細心の注意を払うべきであるし、相応の共感性や想像力が必要になる。

 

 

もちろん、指導関係のなかでは、命令や叱責は必要不可欠である。上下関係や力関係をなくすこともできない。

 

また、最近の叱られ慣れていない若者は、打たれ弱く、少し叱られただけで過剰な反応をするケースもある。

 

そのため、その指導が「適切な範囲」であるかどうかの見極めが難しい場合もある。

 

弱い立場の者の権利を最大限に守ることは大前提であるが、いたずらに「パワハラ」と決めつけ、適切な指導ですらできないような世の中になることは、決して望ましいものではないし、上の立場の者の人権も十分に守る必要がある。

 

 

「私にはわかりません」でいいのか

これらのことを念頭に置きながら、再び谷岡学長の会見に話を戻すと、今回の会見で強調されていたことの1つに、

「栄監督が、練習場を伊調選手に使わせないという嫌がらせをした」

という告発内容への反論があった。

 

 

谷岡学長は、練習場については、学長がその権限を持っているので、栄監督にそのような権限はないと述べたうえで、

「彼はその程度のパワーしかない人間なのであり、パワーのない人間によるパワハラとは一体どういうものなのか私にはわかりません」

と述べていた。

 

 

先に強調したように、上下関係がある以上、そこにある現実的なパワーの大小は、パワハラとは関係がない。

 

練習場に対する権限がなくても、彼はレスリング協会の強化部長という「強い立場」にあることは厳然たる事実だ。

 

そして、伊調選手がどれだけ偉大な大選手であっても、一選手という立場であることも厳然たる事実だ。

 

大学の学長という立場にあり、日本レスリング協会副会長という地位にある者が、パワハラに対してこの程度の認識しかないとは、本当に情けない。

 

「私にはわかりません」というならば、わかるようになるまで、きちんと人権やハラスメントについて勉強してほしい。

 

また、リオ五輪の際に、ほかの選手がビジネスクラスを使ったのに、伊調選手がエコノミークラスだったことについても、「本人がそれでいいと言った」と弁解していたが、これもひたすら上からの目線であり、下にいる選手の心情を何も斟酌(しんしゃく)していないことが如実に表れている。

 

弱い立場の者は、言いたくても言えないことがある。

 

「私はそれでいいです」としか言えなかった事情があるのかもしれない。

 

いくら五輪で何連覇もしている大選手であっても、出身大学の学長であり、レスリング協会の副会長である人の前では、言いたくても言えないこともあるかもしれないということが、この人は何一つわかっていない。

 

そこには、自分は彼女のことをよく知っている、いちいち彼女の立場や言葉の裏にある気持ちなど斟酌しなくてもよい、という甘えがあったのではないだろうか。

 

 

だからパワハラが生まれる…

相撲協会の件といい、今回のレスリング協会の件といい、上の立場にいて権力を持っている者が、揃いもそろって時代遅れの考え方で、人権意識が希薄で、想像力や共感性に乏しいような組織では、起こるべくしてパワハラが起きる。

 

そして、いつもきまって「パワハラとは思っていなかった」と弁解する。

 

彼らは「自分は正しい」という信念に凝り固まっているため、この先も彼らが変わることは難しいだろうと悲観的な気持ちになる。

 

 

だとすれば、弱い立場にいる者たちが、声を上げやすい組織、環境を堅持することが何より大切だろう。

そして、声を上げた者を非難したり、貶めたりすることは、断じて許されない。

 

 

その意味でも、今回の会見は醜悪だった。

 

伊調選手は間違いなく「国の宝」であるし、東京でのオリンピックでも金メダルを見たいのは誰もが望むところだろう。

今回の件でも、「オリンピック5連覇に黄色信号」などと危惧する声が上がっている。

 

 

しかしその前に、五輪を目指そうが目指すまいが、一人の人間として、その人権や幸福を、誰であっても侵害してはならないのは当たり前のことだ。

 

彼女は、著書のなかで、

「勝ちたいとか、負けたらどうしようとか思うことがない。だって、私はレスリングが好きでやっているんですから」

と述べている。

 

 

選手であろうがなかろうか、五輪を目指そうが目指すまいが、それは本人の自由である。

 

私は、伊調選手のこれまでの偉業に敬意を込めて、本人が望むのならば、彼女には好きなレスリングを好きなだけ続けてほしいと思うし、一刻も早くそうなれることを祈っている。

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-,