五輪人気生かせない「カーリング協会」に苦言

 


青森で大歓迎される藤沢五月ら選手たち

 

青森がメダル特需に沸いている。

 

15日、カーリングの日本混合ダブルス選手権が大会2日目を終えた。

平昌五輪で銅を獲得した女子代表「LS北見」のメンバーが出場するとあって、初日は会場前に100人以上の行列。

 

「LS北見」吉田知那美(26)・平昌男子代表「SC軽井沢クラブ」清水徹郎(30)ペアは無傷の3連勝。

藤沢五月(26)・山口剛史(33)ペアは実力どおりの4連勝で貫禄を見せつけ、初日に大差で負けた吉田夕梨花(24)・両角友佑(33)ペアも連勝した。

 

観客がプレー以上に熱視線を送るのはカー娘の「もぐもぐタイム」。

ハーフタイムの栄養補給は試合以上に注目を集めている。

 

この日は吉田知が食べようとしたリンゴをフロアに落として苦笑すると、会場内には無数のシャッター音が響いた。

 

馴染みのない混合ダブルスでも五輪の“余熱”でこれだけ盛り上がるのだから、世界選手権(カナダ・3月17日開幕)のキップがかかる日本選手権となれば大熱狂……と思いきや、今年の大会はすでに終了。

しかも五輪直前の1月28日~2月4日に行われていたという。

 

 

実は昨夏、この件に関してスッタモンダがあった。

 

両角友が五輪代表を日本選手権に出場させないことに決めた経緯を聞くため、日本カーリング協会に質問状を送って幹部と面会。

 

「今まで協会にこんなことを言う人がいなかったから、おかしいと思われるかもしれない。でも選手が協会に何も言えない、言わない、という環境じゃない方がいい」

と話した。

 

しかし

「(代表は)五輪に集中してほしい」

という協会の方針は覆らず、「軽井沢ク」も

「前年度優勝チーム選手への参加意思の確認を全く行わず、結果的に参加できない結論に至ったことは大変遺憾」

と協会に注文を付けていた。



 

 

4年前、ソチ五輪イヤーの日本選手権は五輪終了(2月23日)の1週間後に開幕。

なぜ今年の五輪代表は世界選手権を目指せない日程なのか。

 

日本協会に問い合わせると、こんな無情な答えが返ってきた。

 

「今回は日本選手権の日程を遅らせると、世界選手権のエントリー締め切りに間に合わなかったので日本選手権を早めるしかなかった。日本選手権は世界選手権に合わせて逆算するしかないので」

 

しかし、日程に関していえば、4年前とほぼ一緒。

これでは五輪代表が納得できないのも、もっともではないか。

 

 

混合ダブルスが終われば、5月のパシフィックアジアカーリング選手権(PACC)まで国内大会はない。

世界選手権はNHKで放送予定も、五輪代表は不在だ。

 

 

今回の混合ダブルスで用意された約1500席(計5日間)のチケットは即完売だった。

ブームは競技人口の増加や強化につながる。

もったいない話だ。

 

 

私、青森市に住んでいます。

カーリングに全く興味のなかった私でも「観に行こうかな」と思っていました。

チケット完売なんだそうです。

でも、県外から試合を観れなくても選手たちに会いにわざわざ駆けつけてきているファンの方々もいらっしゃいました。

 

この人気、一過性のものにしたくないですよね。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, , ,