かつて「特捜のエース」弁護士の石川達紘氏はキャリアのすべてを一瞬で失った。

 

高齢ドライバーによる重大事故が社会問題となっているなかで、超有名弁護士が加害者となった。

 

自分の体力と頭脳によほど自信があったのだろうが、その慢心が人生の晩節を汚すことになった――。

 

 

事故直後なのに横柄

「家族3人で2階の部屋で寝ていたところ、震度7の直下型地震が来たかと思うくらいドーンと下から突き上げられた。すぐに妻と子供の上に覆い被さり、次の揺れに備えました。

ところが、次の揺れが来ない。『あれ、おかしいな』と思い、裏口から外に出ました。そこから表通りに回ると、1階にある店舗に車が突っ込んでいたんです」

 

 

事故現場となった金物店の店主・佐藤伸弘さんは困惑した表情でそう明かす。

2月18日日曜、午前7時すぎ。

東京・白金にある北里通り商店街に轟音が響き渡った。

 

 

高級車が暴走し、対向車線の歩道を歩いていた建築業の堀内貴之さん(37歳)をはねて、そのまま通り沿いの店に突っ込んだのだ。

全身を強く打った堀内さんは死亡。

堀内さんは現場近くの病院に入院中で、買い物に行くために外出していた。

 

 

車を運転していたのは、弁護士の石川達紘氏(78歳)。

東京地検特捜部長を務め、かつて「特捜のエース」と呼ばれた法曹界の超大物である。

 

 

前出の店主・佐藤さんが続ける。

 

「凄惨な現場でした。被害者の方は内臓が身体の外に出てしまっていた。加害者は額から血を流していましたが、これほどの事故にしては出血が少ないと感じました。高級車だったからなのでしょうか。

商店街の他の目撃者が彼に声をかけたら、すごく横柄な態度で『早くここ(車内)から出してくれ』と言われたそうです。被害者が亡くなった認識があったのかは不明ですが、その態度はどうかと思いました」

 

事故を起こす直前、石川氏が運転する車は交差点近くに停車していた。

そこで女性と待ち合わせしていたのだ。

 

石川氏が運転席からトランクを開け、女性が荷物を積み込もうとしたところ、車は急発進。

 

300~400mほどの直線を猛スピードで走行したあげく、ハンドルが右に切られてガードレールを乗り越えて歩道に突っ込んだ。

 

路上にブレーキ痕はなく、アクセルをずっと踏んだままだったと思われる。

 

前出の佐藤さんはこう明かす。

 

「私は加害者と待ち合わせていた女性に話しかけて、事情を聞いたんです。

すると、『ゴルフに行くために、迎えに来てもらったんです。トランクが開いたのでゴルフバッグを積もうとしたら、いきなり車が発進してしまいました。私は追いかけたのですが、車が家に突っ込んでいて……』と声を詰まらせました。

女性は髪が長くて、20代半ばのきれいな人でしたね。

事故の後、加害者と同じ法律事務所の弁護士から電話がありました。『月曜日に保険会社から連絡させます』ということでしたが、私は『保険会社がどうのこうのではなく、人が亡くなっているんだから、まずはあなたが花を手向けに来られないのか』と怒りましたよ」

 

 

佐藤さんの自宅兼店舗は、1階部分が全壊状態で柱も損傷し、2階部分が下に落ちてしまっている状態。

いまは住むこともできなくなっている。

 

 

退官して生活が派手に

亡くなった堀内さんの妻は事故の翌々日、気丈にこう明かした。

 

「主人は本当なら事故の数時間後には退院の予定でした。現場近くのコンビニで買い物をした直後だったようです。車にはマカロニサラダがついていたと聞きました。もうすぐ退院なのにどうしても食べたかったのかな……。

警察からは『アクセルとブレーキの踏み間違いだった』としか聞いていません。車にはドライブレコーダーがあったそうで、調査中とのことでした。

いまは警察からの報告を待つしかありません。加害者の家族からは連絡はないですね。子供は中学生と小学生の二人います」

 

自分の年齢の半分にも満たない働き盛りの男性の命を奪った罪はあまりにも重い。

加害者の石川氏は命に別状はないが、右足の甲を骨折して、全治6ヵ月の診断で現在は入院中である。

 

「本来ならば石川氏は過失運転致死容疑でその場で逮捕されていたでしょうね。回復を待って、事情聴取が行われる予定です。事の重大性を考えれば退院後に逮捕もありうるでしょう。

現場で本人は運転ミスではなく、『車がおかしくなった』と主張したそうですが、それは事故車を分析すればすぐに分かることです」

(全国紙社会部記者)

 

 

元特捜検事にもかかわらず、石川氏は往生際が悪い。

被害者への気遣いも足りない。

事故は華麗な経歴ゆえの慢心が引き起こしたものだったのか。

 

 

石川氏は地元・山口県の工業高校を卒業後、中央大学法学部に進学。

在学中の22歳で司法試験合格。検事任官後は東京地検特捜部長、東京地検検事正、名古屋高検検事長などの要職を歴任した。

特捜部時代には、ロッキード事件、平和相互銀行事件、撚糸工連事件など数々の事件を手がけ、金丸信・自民党副総裁や中村喜四郎・元建設相の逮捕でも検察幹部として指導的な役割を果たした。

カミソリと称され、政財界を震え上がらせた、まさにスター検事だった。

 

「特捜部時代は仕事の鬼で、趣味はたまにテニスをするぐらい。ゴルフをする時間なんてなかった。

ところが、特捜部から地方に異動して、時間ができたときに車の免許を取り、ゴルフを始めた。それ以来、ゴルフと車にのめりこんでしまったんです」

(石川氏の知人)

 

 

'01年に62歳で退官し、東京・赤坂で弁護士活動を開始すると、生活はさらに派手になった。

 

「本人が『これからが自分の青春だ』と話していました。夜は銀座のクラブをハシゴして、タクシーを呼んで最後は自宅のある鎌倉まで帰る。これがパターンでした。

もっとも、酒が好きなわけではなく、口に含む程度で酒の場が好きなだけ。ダンディな雰囲気で難しい話はせずにバカ話をする。

ホステスに頼られて、男女のトラブルを解決したこともありました。当然、モテていましたよ。チヤホヤされるのが楽しくて高級クラブに通っていたのでしょうね」

(知人)

 

 

ゴルフも車も飛ばす

検事時代の緊張感から解放されて、悠々自適な毎日を送っていたのだろう。

もちろんカネには困っていなかった。

検事を退官した後の'03年分の納税額は約3427万円。

推定年収は1億円前後にもなる。

 

 

'04年以降も、いくつもの企業の顧問や社外取締役を務め、ビジネスホテルチェーン「東横イン」の取締役会会長にも就任していた。

 

また、堤義明・元西武鉄道グループオーナーや水谷功・元水谷建設会長、消費者金融・武富士の創業者一族の弁護人だったこともある。

収入は膨れ上がっていたことだろう。

 

「週末は愛車のレクサスLS500のハンドルを握ってゴルフ。千葉や茨城の名門コースがお気に入りでした。石川さんは165cmほどで小柄ですが、仲間内でドラコン賞を獲るほどの飛ばし屋で、ときにはカートを使わず、コースを歩いて回るほどいまも元気でした。

車のほうも飛ばし屋で、高速道路でけっこうスピードを出して前の車を抜いたり、同乗者がヒヤッとする場面もあるそうです。自分で運転して、地元・山口まで帰省したこともあったと聞いていますから、運転には自信があったのでしょう」

(前出・石川氏の知人)

 

石川氏の健康状態は良好で、認知症の兆候もなかったという。

しかし、体力や認知能力に問題がなかったとしても、78歳は運転免許の自主返納を考える年齢である。

 

家族はどう考えていたのか。

 

本誌は鎌倉にある石川氏の自宅を訪ねたが、夫人はインターフォン越しにこう答えるのみだった。

 

「すべて弁護士さんに任せておりますので……」

 

 

石川氏の代理人を務める、同じ法律事務所の小林正樹弁護士はこう語る。

 

「持病などはありませんでした。いまは入院中ですが、意識も明確ですし、会話もできます。病状の回復を待って事情聴取を受ける予定です。

まずは身体を治すことが第一ですので、私も込み入った話はまったくしておりません。また被害者の方の状況ですが、もちろんお亡くなりになったことは石川も把握しております。

被害者の方を心配されていますし、ご遺族の方を含め非常に心痛を持って受け止めております」

 

 

トヨタも困惑

交通事故に詳しい犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務局長の郄橋正人弁護士が指摘する。

 

「ブレーキとアクセルの踏み間違えで急発進した後、なぜ人のいる歩道にハンドルを切ったのか。自分の身を守るなど何らかの理由で、自分の意志で操作した結果の死亡事故ならば、明らかな過失です。

近年の高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違いの事故は厳罰化傾向にあります。示談が成立するかどうかも影響しますが、今回も近年の状況を考えれば、実刑になる可能性があります。

元特捜部長の肩書や年齢は量刑には関係ありません。ただし、事故の際の対応や遺族の感情は量刑に考慮されます。特に被害者が若いと量刑が重くなる場合が多いですね。実刑で禁錮1年以上もありうると思います」

 

 

禁錮刑となれば交通刑務所に入所し、もちろん弁護士資格を失うことになる。

また、執行猶予となっても、その期間は弁護士活動をすることはできない。

 

いずれにせよ、死亡事故を起こした石川氏は、弁護士業を畳まざるを得ないだろう。

 

「石川さんの家族もつらいと思います。奥さんは大物弁護士の妻という感じではなく、いたって普通の主婦です。

子どもは二人、息子は広告代理店、娘はNHKに勤務していると聞いています。まだ学生の孫たちはショックを受けているでしょうね」

(前出・石川氏の知人)

 

 

無論、それ以上に不幸なのは亡くなった堀内さんやその家族、家屋を失った佐藤さんである。

保険会社が対応するとはいえ、補償金は億単位になろう。

 

 

一方で石川氏の愛車・レクサスを販売するトヨタも困惑するしかない。

ニュースでは、半壊したレクサスLS500の映像が何度も流れた。

 

同車はレクサスシリーズの最高級セダンで新車の価格は1000万円前後。

 

安全装備も充実していたはずなのに、なぜ自動ブレーキが作動しなかったのか、ネット上でも騒ぎになった。

 

「現行のブレーキ制御は、アクセルを強く踏み続けた場合、そのシステムがキャンセルされるのです。恐怖とパニックで判断能力を失い、ドライバーはブレーキだと思ってアクセルをさらに踏み込んでしまう。するとスピードが増して、暴走がさらに続く。

自動ブレーキが前方の歩行者を認知して作動して物理的に止まれる速度はおよそ50km/hまでです。今回の事故ではそれ以上の速度が出ていたのでしょう。そのため安全装備は機能しなかったと思われます」

(自動車評論家・国沢光宏氏)

 

 

特捜部長から大物ヤメ検弁護士へ。

怖いものなどなかったはずの石川氏は、キャリアのすべてを一瞬で失った。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-,