デーモン閣下 NHKの対応に猛批判

 

デーモン閣下が、NHKのアニメ番組で自身の肖像を無断使用されたとして

「組織としての誠実な対応を求む」

とした。

 

 

デーモン閣下は15日、ブログを更新。

2月28日に放送されたNHK Eテレ「ねこねこ日本史」の第64話「破天荒シンガー、高杉晋作!~破天荒度MAX編~」に登場したキャラクター「デーモン風高杉」について、

 

「吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ。『デーモン風高杉』という名だが、『風』ではなく『吾輩』そのものであり、高杉の要素はむしろ微塵も感じられない。デザイン上『偶然』とか『たまたま』似てしまったではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である」

と指摘した。

 

 

同キャラクターの画像は番組公式サイトでも公開されており、デーモン閣下は



「言い逃れ不可能! 悪意は無いのかも知れないが、無断で使用された事実にかわりはない。不快である。心身の損害を被っている」

とし、

 

「番組制作の若僧どもに言いたい。君たちは天下の公共放送のスタッフだぞ。何で当たり前の『許諾確認の段取り』が踏めなかったのかね? またはどこかの官庁の役人の様に『言わなければバレない』とでも思ったのかね?

公共放送の看板の下、ためらいなくWeb上に画像を公開している思考回路も全く理解できない。

本質はどこかの『盗作大国』と同レヴェルだ。そんな姿勢で『もの作り』に臨んでいるのであれば、どうせ大成などしない。とっととやめちまえ」

と猛批判。

 

「いずれにせよ本件は、某公共放送からの組織としての誠実な対応を求むしかない」

とした。

 

 

 

-エンタメ, 事件・事故, 話題
-, ,